11月 05, 2018

スーパーフード、サプリメント、代替医療に詳しい方なら、チャーガについて聞いたことがあるでしょう。 北半球に生息するキノコであるチャーガは、その薬理上の特徴のため、シベリアやアラスカで何世代も民間療法として使用されてきました。 チャーガは免疫システムの増強、消化補助、フリーラジカルの除去による老化の防止など多くの効果が証明されています。 1つのキノコになぜそれほど多くの望ましい効果が存在するのでしょうか? 

チャーガには豊富な栄養素が含まれています。そのうちで最も重要なのはベツリン酸です。 ベツリン酸がなぜ健康を向上するかについては、下記をお読みください。

チャーガとベツリン酸

ベツリン酸はベツリンの前駆体であり、チャーガに凝縮されています。 ベツリンは多様な機能を持つ化合物の1種、トリテルペンです。 ベツリン酸はトリテルペンの派生物、トリテルペノイドです。 両方ともチャーガの外側の黒い部分に存在し、アルコールがチャーガの最大の潜在能力を解放するため、エキスとして最も簡単に摂取できます。

ベツリンはその抗がん性が広く知られています。 臨床研究は、ベツリンの存在により腫瘍細胞が自滅することを報告しています。 またベツリンは健康な細胞に害を与えずに、がん細胞を退治することができます。 このためチャーガはがんを防止する摂取可能な最高の物質の1つと考えられており、チャーガが化学治療の副作用を緩和すると報告する研究もあります。

ベツリン酸はその前駆体より多様な機能を有しています。 ベツリンの抗がん性とその他の効果に加え、ベツリン酸は人間に広範囲の抗菌、抗ウィルス、消炎効果をもたらします。 チャーガは病気の治療に効果的ですが、これはベツリン酸が白血球を刺激して病気と闘うからです。

これに加え、ベツリン酸の消炎効果は十分に裏付けされています。 炎症は不愉快なばかりか、心臓病やその他の深刻な病気に大いに貢献します。 ベツリン酸は体の中の炎症を緩和するだけではなく、細胞を正常に機能させ、深刻な病気を予防します。

抗酸化物質であるベツリン酸は、チャーガに老化防止特性を与える物質の1つです。 老化の原因の一つは、細胞に衝突し、細胞傷害を起こす浮遊性の粒子、フリーラジカルです。 抗酸化物質はフリーラジカルを除去し、細胞の完全性を保存し、老化を逆行し、内臓機能を保護します。 ベツリン酸は最も効き目の高い、パワフルな抗酸化物質の1つとして知られています。

さらにベツリン酸は血中のコレステロールを調節することが知られています。 過剰な「悪玉」コレステロールは、血管中に浮遊して蓄積し、血流を止めることで心臓発作と脳卒中に関係しています。 ベツリン酸を摂取することで血流中のコレステロールが分解され、コレステロールが低下することが報告されています。 これはコレステロールの吸収を予防するだけの他の抗コレステロールソリューションと対照的です。

ベツリン酸のもう1つの大きな利点はバイオアベイラビリティです。 多くの栄養物質は消化システムから吸収されにくいため、摂取に適しません。 これが栄養素をすべて利用するために、チャーガを沸騰してチャーガティーやエキスを作らなければならない理由の一つです。 ベツリン酸はベツリンより体に吸収されやすく、その効果を直ちに利用できます。

ベツリン酸は抗アレルギー性や肌の弾力性の改善など、その他にも効果があることが知られています。 しかしこれらの効果はまだ科学的に十分検証されていません。 他の物質と同様、人の体はさまざまなので、受ける効果も異なります。

結論

チャーガは世界でトップクラスのスーパーフードの一つになりましたが、これには理由があります。 チャーガの栄養価や望ましい効果に匹敵できる食べ物はほとんどありません。 チャーガを摂取することで病気に対する免疫システムが強化され、消火器を治癒し、若々しさとその他の効果をもたらします。 チャーガの有益な栄養素には老化、がん、アレルギー、コレステロール、その他に効き目がある万能な栄養素、ベツリン酸が含まれています。

がん闘病、病気に対する抵抗力の増強、季節的なアレルギーへの対処、老化による悪影響の回避など、ベツリン酸はどのようなニーズも満たすことができます。 高濃度のベツリン酸や他の栄養素にかけてはチャーガに勝る食物はなく、使用を真剣に考慮する価値があります。 チャーガが含むベツリン酸を利用することで、必要な栄養素を獲得し、今まで以上に健康で幸福な人生を手に入れることができます。


Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese