Crypto orders receive free expedited shipping!

0

Your Cart is Empty

3月 18, 2019

以前はアラスカやシベリアの先住民にしか知られていなかったチャーガ茸は、近年世界的な人気を博しています。チャーガの特筆すべき点は、フリーラジカルの除去による老化防止、消化器系の健康増進などの効果に加えて、免疫系の健康増進にも効果があるということです。しかし、具体的にはチャーガはどのように免疫系を向上させるのでしょうか。

ります。チャーガには、病気になった時に病気を撃退するだけでなく、体を病気から守る働きがあることが証明されています。チャーガがどのように病気を予防するのか見ていきましょう。

チャーガと免疫系

チャーガには多くの栄養素が含まれていますが、免疫系の健康に最も重要なのは、免疫系をターゲットにした植物性栄養素である糖類です。糖類は、細胞間のコミュニケーションに使用される細胞構造である糖鎖を作る際に使用されます。糖類を健康的に摂取することは、糖鎖を作る上で大きな助けとなり、細胞がメッセージを適切に伝え、体が健康的に機能するようになります。

免疫系の健康に対するこの作用は、病気から体を守る白血球にメッセージを伝える役割を担うタンパク質を基にした構造物であるサイトカインを介して行われます。免疫系は分散型の性質があるため、白血球が機能するためには強力な細胞間コミュニケーションが必要です。糖鎖とサイトカインが不十分な場合は、病原体に対する体の反応が鈍くなります。

最近の研究では、現代の食生活では、ほとんどの食品に十分な単糖類が含まれていないために、糖質を作ることができないことがわかっています。チャーガは、植物性栄養素が豊富なので、この問題を解決できます。チャーガに存在する糖類は、体による糖鎖とサイトカインの形成とその働きを速め、免疫系が脅威に対してより速く反応できるようにします。これが、チャーガが昔からアラスカやシベリアで病気の治療薬として使用されている理由です。

さらに、チャーガには多糖類が非常に豊富に含まれています。多糖類は体内で栄養を運び、最も必要とする場所に届ける役割を担っています。これは、病気になったときや、病原菌を退治するときに特に重要です。多糖類は、がんやHIVを撃退するのにも役立ちます。

また、チャーガは白血球の活性を必要に応じて上げたり下げたりする免疫調節食品として知られています。これはβグルカンが含まれていることによるもので、免疫系を鍛えてがん細胞を外来の侵略者として認識させることで、がん細胞を排除するのに役立ちます。また、β-グルカンはチャーガに抗炎症、抗菌、抗マラリア作用をもたらし、総合的な健康増進に役立つ万能食品です。

最後に付け加えると、チャーガは、血中のコレステロール値を下げることで免疫の健康を助けるトリテルペンの良い摂取源として知られています。トリテルペンは肝臓の毒素を排出し、肝炎、喘息、気管支炎などを患っている人にも恵となります。チャーガに含まれるベツリン酸は、摂取することで体ががん細胞を壊し、細胞構造の健全さが保てることから、抗がん剤としても効果があります。

チャーガにはその他の多くの物質が含まれており、免疫系効果があることが分かっています。例えば、サポニンはがんのリスクを下げるだけでなく、抗炎症作用を刺激することが分かっています。これらの要因から、チャーガは何千年にもわたって病気の治療薬として使われてきました。科学者たちは、チャーガに含まれる豊富な栄養素がまだ完全には解明されていないため、チャーガの新たな活用法の発見に努めていますが、その免疫力を高める効果は明白です。

まとめ

チャーガの真の有用性については、100%の評価はされていませんが、摂取できるものの中で免疫系を増進できる最も強力な増進剤という事実に変わりはありません。病気を撃退する手段としてのチャーガの有用性はエキナセアに似ていますが、栄養素が豊富なだけあり、はるかに強力です。チャーガは、単にインフルエンザや鼻水を撃退するだけでなく、喘息などの慢性疾患の治療にも役立ち、がんのリスクを減らすことができます。

体の作りは個人差がありますが、チャーガが役立つということは、昔から民間療法として使用されてきたことが証明しています。若者、老人、その間の年齢層の人、慢性疾患を抱えている人、あるいは健康そのものの人問わず、チャーガは人生を最大限に楽しむのに必要な力を与えてくれます。チャーガを定期的に摂取することで、体を様々な脅威から守ることができ、充実した人生を自分らしく送れます。


Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese