0

Your Cart is Empty

1月 13, 2020

チャーガは、栄養価の高さと健康効果の豊富さから、世界で最も人気のあるスーパーフードの一つとして急成長しています。元々アラスカやシベリアの先住民の間だけで知られていたチャーガは、免疫力の向上、がんとの闘病、消化の改善に効果があることが証明されていることから、代替健康法の愛好家の間で人気を博しています。栄養価の高さはすでに知られていますが、チャーガに含まれるメラニンの量や、チャーガを摂取することでメラニン量をどのくらい高められるのか、ご興味ある人達がいるのではないでしょうか。

メラニンは肌の健康に欠かせない栄養素ですが、チャーガにはメラニンが豊富に含まれているので、少しでも肌のことを気にしている方には欠かせないでしょう。チャーガとメラニンについて詳しく見ていきましょう。

チャーガとメラニン
メラニンは自然に発生する物質で、色素沈着を起こします。メラニンには何種類もありますが、最も多いのは茶色と黒色の色素のユーメラニン(真性メラニン)で、誰にでもある程度備わっています。民族や遺伝的背景によって、肌のメラニン量が多い人と少ない人がいます。肌が白く、目が明るい人ほど、自然とメラニン量が少なくなります。

メラニンの最も重要な働きは、太陽の光から放出される紫外線から肌を守ることです。長時間太陽を浴びることで肌の中でメラニンが生成され、肌の色が濃ゆくなり、日焼けします。しかし、紫外線を浴びることで、痛みを伴う日焼けが起こることもあります。また、紫外線を長時間浴びると、皮膚がんになる可能性もあります。現代人の多くが、仕事上、座りっぱなしの生活を送っているため、浴びる日光の量が限られています。

また世界には、冬の間は夜が長く、日が短くなり、太陽の光を浴びることが難しい地域がたくさんあります。サプリメントでメラニンの摂取量を増やすこともできますが、体は錠剤、カプセルやその他の形状のサプリメントでビタミンやミネラルを取り込めるのに整っていないため、一般的には天然のメラニンを活用するのが最適です。それにはメラニンが豊富な食物を摂るのが良いでしょう。

チャーガは世界でメラニン量が最も多い食物の一つで、体がメラニンを必要とするときにはいつでもしっかりと摂取できます。チャーガにはメラニンに加えて、肌や髪の健康に欠かせないビタミンDも豊富に含まれています。メラニンと同様に、日光を浴びることで体内でビタミンDを合成できますが、チャーガのようにビタミンDを豊富に含む食物を摂取することでしっかり補給できます。

チャーガに含まれるメラニンにおいてもう一つ重要な点は、もともとメラニンやビタミンDを含む食物が非常に少ないということです。一般的に牛乳からビタミンDを摂取できますが、牛乳には最初からビタミンDが含まれているのではなく、通常は製造過程で強化されます。他の食物にも微量のメラニンとビタミンDが含まれていますが、足りていない日光浴の量を補えるほどではありません。チャーガを摂取することで、実際に必要なメラニンの摂取量を増やせます。

チャーガがメラニンとは別に肌の健康を改善できる要素が、老化を遅らせたり、がんを予防できる抗酸化物質です。老化やがんの最大の原因の一つはフリーラジカルと呼ばれる浮遊分子で、これが細胞に衝突して傷つけます。チャーガに含まれる抗酸化物質は、接触したフリーラジカルを中和することで組織を守り、健康的で若々しい肌が生まれます。

チャーガに含まれるメラニンは、健康的な生活習慣との相性が良いということを述べておく必要があります。肌の健康を改善するには、自然食品を中心とした食事を摂り、加工食品やジャンクフードを避け、座りっぱなしの生活の影響を解消するために定期的に運動しましょう。特に肌のことを考えると、長時間外にいるときは日焼け止めを使い、肌に負担のかかる工業用石鹸は避けましょう。バランスのとれた生活習慣と合わせてチャーガを使うと、素晴らしい効果が得られることでしょう。

まとめ
ほとんどの人が皮膚を臓器と捉えていませんが、体の中で最も重要な要素の一つです。肌は感染症や怪我から内臓を守り、日光を通して栄養を補給します。そのため、肌の健康と若々しさを保つのは自分次第です。その一番簡単な方法の一つが、肌の健康と紫外線対策に欠かせない栄養素であるメラニンの摂取ですが、現代社会の生活では、どのようにしてメラニン量を維持すれば良いのでしょうか。

その答えはチャーガにあります。チャーガは地球上で最もメラニンを多く含む食物の一つであり、多くの人の生活様式では摂るのが難しい重要な栄養素をもたらしてくれます。チャーガは肌を活性化し、若々しい輝きをもたらし、健康と自信の両方を高めてくれます。


Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese