11月 26, 2018

チャーガはその薬効で、急速に世界で最も人気のあるキノコの一つになりました。チャー ガは昔からアラスカとシベリアでは何世代にもわたり民間療法として使用されており、免疫系、消化器系、その他多くに効果があることが分かっています。チャーガが「スーパーフード」と呼ばれているのを聞いたことがあるかもしれません。では、スーパーフードとは何なのでしょうか。

スーパーフードは生きていくのに欠かせない食べ物です。スーパーフードには体が最も効率良く機能するのに必要な栄養素がぎっしり詰まっています。ここからはスーパーフードについて知っておくべきことと、チャーガが世界で最も優れたスーパーフードの一つである理由を見ていきましょう。

スーパーフードとしてのチャーガ

スーパーフードとは、非常に栄養価が高く、健康に良いとされている食品のことです。厳密に定義されたカテゴリーではなく、独立した食品群として分類されている訳ではありませんが、ほとんどの食品より栄養素が高い食品群として大まかに定義されています。スーパーフードは植物性のものが多いですが、魚や乳製品、その他の食品にも「スーパーフード」と呼ばれるものが沢山あり、サーモン、アサイー、ブルーベリー、ケールは、そのほんの一例です。

チャーガがスーパーフードである所以は、含まれる栄養素の量と種類の豊富さで、その一例がβ-グルカンです。これは多糖類の一種で、免疫応答を上げる力から「生物反応修飾物質」として知られています。チャーガに含まれるβグルカンは、白血球を刺激して体内の病原体を破壊する働きがあることから、病気を予防するための有効な手段の一つとなっています。

チャーガがスーパーフードとして知られるもう一つの理由は、抗酸化物質の豊富さにあります。抗酸化物質は、フリーラジカルと呼ばれる浮遊粒子が時間の経過とともに細胞にダメージを与える酸化ストレスを軽減することで、老化を抑え、臓器の機能を維持するのに役立ちます。チャーガに含まれる抗酸化物質には、亜鉛、ベツリン酸、メラニン、ラノスタンなどが含まれており、これらの抗酸化物質が一緒に働いて酸化ストレスの悪影響から体を守ってくれます。

ベツリン酸といえば、チャーガにはベツリン酸が豊富に含まれており、スーパーフードの特性である抗菌作用があります。チャーガは生えている木の幹からベツリン酸を抽出し、この物質が体内の炎症を抑え、ウイルスと戦うことがわかっています。科学的な研究でベツリン酸に抗がん作用があることが明らかになっており、体を丈夫で健康に保ちたい場合には必要です。

また、前述の抗酸化物質は免疫系の健全性を維持する役目を果たします。 イノトジオールなどの抗菌化合物は腸管内の有害な酵母菌株の量を減らし、潰瘍、潰瘍性結腸炎、胃炎、その他の慢性の消化疾患の治療薬としての役目を果たします。 抗酸化物質で述べられたように、これらのステロールは酸化ストレスを減らし、体の細胞の健全性を保ちます。

最後になりますが、チャーガはメラニンの源として有名です。メラニンは皮膚の中にもともと存在しており、太陽の有害な紫外線から体を守るための最前線です。メラニンが不足すると、日焼け、皮膚がんや肌の急速な老化が起こり、年齢とともにメラニンの量は減少します。チャーガは世界で最もメラニンを多く含む食品の一つであり、摂取することで、より簡単に紫外線から肌を守ることができます。

チャーガは色々な方法で摂取できますが、スーパーフードの可能性を引き出す最も一般的な方法は、お茶を淹れることです。チャーガは生でも食べることができますが、熱湯に浸すことで内部構造のキチン質の壁を分解し、栄養素や抗酸化物質をたっぷりと摂取できます。チャーガはチンキとしても、あるいはお好みで様々な食べ物と組み合わせて摂取できます。どれがご自分に合うか色々試してみましょう

まとめ

「スーパーフード」の厳密な定義はありませんが、他の食品よりも体に良い食品があることは明らかです。健康を心がけるのであれば、重要な栄養素が凝縮されている食品を食生活に取り入れましょう。スーパーフードと呼べる食品があるとすれば、チャーガはその中でも特に上位に入るでしょう。栄養素は他の食品にはないほど豊富で、証明された数々の効果から、健康のために摂取できる最良の健康食品の一つとなっています。

総合的に健康を手軽に改善したいのであれば、ぜひともチャーガを試してください。凝縮された重要な栄養素と評判がスーパーフードの全てを物語っています。チャーガは年齢や背景に関係なく健康を改善し、可能な限り最高の体作りをサポートします。


Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese