0

Your Cart is Empty

7月 22, 2019

代替医療やスーパーフードに詳しい方であれば、チャーガの名前を聞いたことがあるかもしれません。地球上で最も寒い極寒の地で収穫されるキノコで、アラスカやシベリアの人達の間で何世代にもわたって、癌から腸のトラブル、老化に至るまで、あらゆるものの治療薬として摂取されてきました。その最も知られる用途の一つに、風邪を含む、病気の治療薬があります。チャーガの免疫力を高める特性は、評価されるほど素晴らしいのでしょうか。

答えからいうと、評価されるとおり、素晴らしいものです。チャーガが風邪の治療薬として効果があることが、これほどまでに長く使われてきた理由の一つです。チャーガは免疫力を高め、ウイルスを撃退し、病気を予防することが分かっています。チャーガがいかにして病気に負けずに健康を維持してくれるのかを見ていきましょう。

チャーガと風邪

風邪は生活の中で避けて通れないというのが現実です。風邪とは、ウイルスが上気道に感染し、発熱、鼻水、鼻づまり、咳、くしゃみ、喉の痛み、頭痛などの症状を引き起こすことです。致命的になることは稀ですが、風邪は身体的・精神的に大きな障害を引き起こし、感染力が強いため、回復するには仕事や学校を休まなければならないことも少なくありません。まれに、風邪が肺炎に発展したり、免疫系が低下している人が命に関わることもあります。

風邪は何百種類ものウイルスによって引き起こされるため、完全に予防する方法もワクチンもありません。風邪をひくリスクは、悪天候の時期、密の空間(例えば飛行機)で大勢の人にさらされる場合、衛生環境が整っていない場合に高くなります。ストレスや睡眠不足も風邪の危険因子です。

風邪は通常、安静にし、水分を摂り、イブプロフェンやその他の痛みを和らげ、炎症を抑える薬を使用することで治ります。これらの行為は免疫系を強化し、風邪の症状をより効果的に撃退できるようにします。しかし、チャーガは、その特性から、風邪の自然療法としての役割も果たします。

チャーガが風邪との闘いに役立つ最大の方法は、免疫系の反応を改善させることです。チャーガは、免疫系の伝達機能があるサイトカインという細胞の産生を刺激します。サイトカインは、白血球に何をすべきか、どこで何をすべきかを伝え、体の組織の状態についての情報を伝える役割を担っています。サイトカインの産生量が増えると白血球の活性が高まり、より効果的にウイルスやその他の感染症を標的にして排除することができます。

チャーガが風邪と戦うのに役立つもう一つの大きな方法は、炎症を抑えることです。炎症は体が感染症を隔離して闘うために起こりますが、手に負えない炎症は痛みを伴うだけでなく、心臓病や他の慢性的な問題につながる可能性があります。風邪の場合、過剰な炎症は刺激があり、害があります。チャーガは、それを刺激する有害なサイトカインの産生を止めることで炎症を和らげます。

チャーガがこれらのことを可能にしているのは、その栄養成分のおかげです。特にチャーガにはβ-d-グルカンが豊富に含まれています。β-d-グルカンは免疫系の遅い反応を刺激したり、過活動を鎮めたりと、免疫系のバランスを整える働きがあります。β-d-グルカンは生物学的応答調節物質に分類されており、感染症に対する体の反応を変化させることができ、強力な抗ウイルス特性があります。

最後に付け加えると、チャーガの風邪に対する特性は、民間療法と共通する簡単なことによるものです。一般的に、病気のときに水分を摂るのと良いですが、その理由は水分を補給し、肺が痰やその他の汚染物質をより効果的に出せるようになるからです。熱い飲み物は喉の反応を強くするので、この目的で飲むのは特に効果があります。この点では、病気のときにチャーガティーを飲むのは良いことです。

まとめ

病気になることはある程度避けられません。どんなに体調管理や身の回りを綺麗にしていても、いずれはウイルスに感染して風邪をひくことになります。大人でも年に2、3回は風邪をひくのが一般的ですが、だからといって、鼻水を流しながらベッドに横たわって貴重な時間を無駄にする訳にはいけません。自然で強力な治療法を使えば、すぐに体を正常な状態に戻すことができます。

その一つがチャーガです。チャーガは何千年にもわたって風邪やその他の病気と闘う手段として使われてきました。チャーガには免疫力を高める効果があることが分かっており、風邪をひく可能性を下げ、風邪をひいても早く健康になれるのです。風邪と闘うなら、チャーガに勝るものはありません。


Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese