7月 15, 2019

栄養補助食品や代替医療の世界に詳しい方であれば、チャーガの名前を聞いたことがあるでしょう。世界の最北端で栽培され、アラスカやシベリアの人の間で何世代にもわたって民間療法として使用されてきたチャーガは、病気の治療、がんとの闘病、老化防止など、様々な効能があると言われてきました。この奇跡の食べ物の潜在的な使い方の多くはまだ検証されていますが、一つだけ確かなことがあります。それはチャーガが神経痛の改善に非常に役立つということです。

多くの人が、年齢、怪我、遺伝など様々な理由で神経痛に悩まされています。しかし、体を衰弱させる神経痛と人生をともにする必要はありません。チャーガがいかにして神経痛の改善に役立つかを見ていきましょう。

チャーガと神経痛

成人に見られる神経痛の主な原因は炎症です。炎症は、白血球細胞が体の特定の部分に化学物質を放出し、腫れや肥大化によって起こります。これは通常、何らかの感染症から体を守るために起こります。炎症は感染を隔離し、免疫系が感染を除去できるようにします。このように、炎症と腫れは、生活の中で、特に病気になったときは見られるものです。

しかし、炎症が手に負えなくなる場合があります。これは、免疫系の過活動、組織の物理的損傷、細胞を傷つけるフリーラジカルなど、数々のことが原因になることがあります。慢性的な炎症や腫れは痛みを伴うだけでなく、心臓病やその他の病気になるリスクが高まることがあります。慢性的な神経痛は、関節炎、線維筋痛症、その他の多くの症状と関係しています。

チャーガはいかにして神経痛を和らげるのでしょうか。簡単に言うと、炎症を抑えるのです。チャーガには、体内の結合成分を抑える化合物が含まれています。これにより、炎症部分に酵素が到達するのを防ぎ、全体的な炎症を抑えます。この単純な作用が神経痛を和らげ、体の炎症が酷くならないようにします。

これに加えて、チャーガには痛みを弱める効果があることが分かっています。研究によると、チャーガを摂取した後、痛みの反応が低下することが分かっています。非常に強力な効果ではありませんが、この痛みの緩和は、軽度の痛みやうんざりする痛みには十分効き目があります。この効果は、単に一日に少量のチャーガを摂取するだけで、そのチャーガティーを淹れる動機となり、活性化することができます。

最後に付け加えると、チャーガは免疫系に強い効果があることが分かっています。炎症の問題の多くが、存在しない脅威に対する免疫系の過剰反応によるものです。チャーガに含まれる化合物のいくつかは、生物学的応答調節物質として作用し、免疫系を体と調和のとれた状態に戻します。炎症が免疫系の過活動による場合、修復されたバランスになります。

慢性的な神経痛は、一般的に免疫系の暴走によるものです。チャーガを使用することで、神経痛を適度なレベルまで和らげることができ、場合によっては完全に解消することができます。チャーガは、関節炎や他の病気で苦しむ多くの人が慢性的な痛みを抑えるために使用してきました。痛みを和らげる医薬品とは異なり、チャーガは非麻薬性・非中毒性であり、自然で楽な方法で体の痛みを和らげます。

チャーガは、他の薬や成分との組み合わせ次第で、悪影響や予期せぬ作用が出ることがあるので、食生活を大きく変える前に、必ず医師に相談しましょう。長い歴史を持つチャーガですが、現代の科学ではまだ完全には解明されていません。そのため、健康への影響を考えて、慎重になるのが良いでしょう。体は個人差があるので、自分に合った神経痛への対処法を選びましょう。

まとめ

神経痛は、耐え難いものになることがあります。四肢の慢性的な痛みは、生活の質を崩し、日常生活が困難になることがあります。製薬会社は痛みを和らげるオピオイドを処方しようとしますが、そのような薬は中毒性があるだけでなく、非常に効果で、危険が伴います。仮に、慢性的な痛みと真正面から向き合う方法が、それも多額のお金を必要とせず、あるいは致死性の成分の中毒になる危険性を伴わない方法があったらどうでしょうか。

チャーガはまさにあなたが求めているものです。抗炎症作用により、何世代にもわたって民間療法として親しまれてきたチャーガは、その豊富な栄養価の高さから、関節炎やその他の病気にも簡単に効果を発揮します。体を弱らせる慢性的な神経痛を抱えて一生を過ごす必要はありません。チャーガを摂取することで、神経痛を改善したり、解消したりすることができ、長く快適な生活を送ることができるのです。


Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese