0

Your Cart is Empty

9月 11, 2020

副作用は誰にとっても身近なジレンマです。何らかの症状に見舞われます。頭や胃が痛い、あるいは風邪と戦うときは、医師の診察を受けて、錠剤や咳止めシロップを処方してもらいます。しかし、怖いのが副作用です。薬の注意書きを読むと、怖さで一杯になります。驚いたことに、小さな錠剤が何らかの作用を及ぼす可能性があるのです。臓器の損傷、めまい、消化器系をめぐる数々の問題を引き起こすことがあり、処方された錠剤を飲むのを躊躇します。そこで自然薬に頼りたくなるものですが、これにも副作用があるのでしょうか。どの自然のサプリメントを飲むのは危険なのでしょうか。原則、どのような製品でも、口にする前に知識を深め、当然のこと副作用に個人差がありますが、それについても評価しましょう。人気のあるレメディであるチャーガについて詳しく見ていきましょう。

チャーガは樺の木に生えるキノコで、特にラップランド、シベリアやロシアなどの寒冷地では、すでに正式な薬として使用されています。この栄養豊富なキノコには、私たちの体に良い効果をもたらす様々な成分が含まれています。その中にはゲルマニウム、ベツリン酸、鉄分、クロム、多糖類、フラボノイド、トリテルペンやメラニンがあり、これらの相互作用には大変特別な効果があります。チャーガは新陳代謝を刺激し、免疫力を強化し、炎症を抑制してくれますが、これらの三つの効果が、チャーガが様々な病気の治療に役立つということを証明しています。しかし、このキノコには他の性質もあります。それは強力な天然の抗酸化作用です。チャーガを摂取すると、次のような健康効果が期待できます。

感染症の予防または炎症の抑制。

臓器機能の改善。チャーガは特に、脾臓と肝臓、臓器の解毒に効果があることから、体から毒素を排出する助けとなります。

免疫向上の効果。ウイルスから身を守り、免疫系の機能不全と戦ってくれます。

エネルギーを生み出します。

コレステロール値を下げてくれます。

血液の灌流を改善し、心血管系に効果をもたらします。

がん細胞を抑制してくれます。がん治療で人気のある要素です。

血糖値を下げてくれます。

記憶機能を向上させてくれます。

ご覧のように、チャーガは健康に様々な効果をもたらしてくれます。しかし、これらには副作用は伴わないのでしょうか。この疑問に答えるには、どのような形でキノコを購入でき、摂取できるかを見る必要があります。チャーガは、エキス、チンキ剤とお茶にして摂取できます。

チャーガの粉末
チャーガの粉末には、樺の木に生えている野生のチャーガを原料として、上述した特性のあるものと、中国のいわゆるキノコ農園と呼ばれ巨大な施設で人工的に栽培したものがありますが、チャーガはしっかりと育つには樺の木が必要です。そのため、工業的に作られた粉末は栄養素が欠けており、農薬や重金属が含まれていることが多いです。そのため、価値がないだけでなく、腹痛、下痢、便秘といった酷い消化器系の症状や臓器障害を引き起こす可能性もあり、体に悪いのです。また、野生のチャーガで作った粉末は、たいていの人にとって消化しにくいものです。貴重な有効成分が含まれていますが、カビの胞子や樺のかすなどが含まれているかどうかははっきりとはわかりません。

チャーガのエキス

チャーガエキスも、粉末と同じような問題点があります。エキス作りには、体に有害な溶剤が使用されています。

チャーガのチンキ剤
チャーガチンキ剤は、度数の高いアルコールを基にしているため、原則として、子供や病気の人はアルコールを摂取してはいけません。これは、妊娠中の女性、アルコール依存症から回復している人、アルコールを定期的に摂取しない人にも言えます。自然薬は植物の有効成分を基にしており、工業的に作られた他の成分と混ぜてはいけません。

チャーガティー
一方、チャーガティーは軽微の副作用がありますが、体に良くて、健康を促す特性の方が多いです。樺の木の花粉アレルギーがある人だけはチャーガの摂取は止めておいてください。

チャーガティーは安心して飲めます。

しかしながら、チャーガは健康に有害であり、ほぼ危険であるとさえ言う声があります。チャーガが血液をサラサラにする、歯のエナメル質を弱くする、化学療法の効果を下げるなどの主張は作り話です。確かに血液灌流に効果があり、改善させる役割がありますが、抗凝固薬としての役割はありません。その真逆で、血栓、脳卒中、酷い出血を防ぐのに役立ち、凝固因子に良い効果をもたらし、調節機能があります。

チャーガティーはがん患者に効果があります。チャーガの浄化作用が化学療法の効果を下げることを懸念する声がありますが、そのことには根拠がありません。チャーガは細胞死(アポトーシス)を促進するので、他の治療法と併用しても効果を発揮します。

結論から言うと、チャーガは自然のままの状態であれば、樺花粉のアレルギーのある人を除いて、安全で副作用の心配はありません。しかし、製品の原産地を知ることは大切です。チャーガを安全に使用するのであれば、お茶にして飲むことをお勧めします。


Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese