0

Your Cart is Empty

5月 06, 2019

ここ数年間で、チャーガは世界の最北端の地域で使用されていた無名の民間療法から、代替医療の愛好家の間でセンセーションを巻き起こしました。チャーガの有益な効果の中には、抗がん作用、アンチエイジング効果、免疫系の改善などがあります。チャーガがより広い世界で知られるようになってから、個人や科学者は、チャーガを体重減量に使用するなど、これまで以上に独創的な使い方を見つけ出してきました。

少し信じがたいかもしれませんが、体重を少し減らしたいのであれば、チャーガが効果的です。チャーガティーが、いかにして減量に役立つかを見ていきましょう。

チャーガティーと減量

チャーガティーは、体への反応の仕方に関して緑茶と比較されることが多々ありまうす。チャーガは、カフェイン入りの飲み物のような、急激にエネルギーをもたらす効果はありませんが、健康を総合的に改善する手助けとなり、その変化ははっきりとかつ地味な形で分かります。緑茶もチャーガ同様に、減量する方法に使われることが多々ありますが、減量に関しては、チャーガの方が様々な面ではるかに効果があります。

チャーガが減量につながる大きな役割の一つに、食欲を抑制する特性があります。多くの人が食べ過ぎで太ってしまうのは、様々な食べ物を食べ過ぎて体重が増えるからです。チャーガには食物繊維が含まれているため、食欲が抑えられ、より早く満腹感が得られ、食べる量を減らすことができます。このチャーガの食欲を抑える特性は、適切な食事と運動と組み合わせる必要があるということを覚えておきましょう。

これに加えて、チャーガには抗酸化物質が豊富に含まれており、これが様々な形で減量につながるのです。抗酸化物質は酸化ストレスを撃退しますが、酸化ストレスは、環境にさらされてできる浮遊分子のフリーラジカルが細胞に衝突して傷つけることで生まれます。運動も酸化ストレスの原因となりますが、抗酸化物質はこのストレスを和らげ、運動後に体や体力の回復に役立ちます。

チャーガはエネルギーを自然に高める効果もあります。前述したように、チャーガはカフェインのように急にエネルギーをもたらすことはありません。しかし、多糖類が豊富に含まれており、一日を通して体のエネルギーを自然と高めます。チャーガティーを飲んですぐにエネルギーが増強される効果を感じることはありませんが、全体的に注意力が高まり、充実した一日となり、激しい運動をしたり、長時間にわたって調子が良くなります。

また、チャーガにはホルモンレベルを調整する働きがあります。体重に影響を与えるホルモンはたくさんありますが、中でもコルチゾールはその代表的なものです。コルチゾールの値が適切でないと、急激に体重が増えたり減ったりして、望む体型を手に入れることが難しくなります。チャーガティーを飲むと、コルチゾールの値がより良いものに調整でき、
設定した体重やフィットネスの目標をより達成しやすくなります。

チャーガが減量につながるもう一つの作用は、脂肪細胞の合成を抑制にあります。2015年に中国で行われた研究では、チャーガが脂質合成に関わる数々の遺伝子の発現を阻害し、体重増加を遅らせることが分かりました。被験者がより脂肪分の多い食事を摂取した場合でも、チャーガは体重増加の速度を遅らせることができました。このように、チャーガは運動プログラムと組み合わせなくても、体重増加を防ぐのに役立つと考えられます。

チャーガを減量目的に使う一番簡単な方法は、お茶にすることです。昔からチャーガはお茶として摂取されており、ほとんどの人にとって一番使いやすい方法です。チャーガティーのほかには、チンキやエキスにしても摂取でき、超濃縮された成分を吸収できます。最後に付け加えると、スムージー、シェイクやその他の食べ物といった、昔から運動プログラムの一環として摂取されているものにも活用できます。

まとめ

肥満は現代社会の大きな問題です。座りっぱなしの生活を送り、現代の食生活は太りやすいので、多くの人が体重を減らせる方法を求めるのも不思議ではありません。運動療法から特別なダイエットまで、減量に効くと言われる方法は数え切れないほどあります。しかし、すでに実践しているフィットネスや健康状態に関係なく、チャーガは目標数値まで減量するのを手助けします。

チャーガに含まれる栄養成分には、体重増加を抑え、運動効果を高め、食べ過ぎを防ぐ効果があることが分かっています。チャーガは、健康的で、しっかりとしたフィットネスや食事療法と組み合わせる必要がありますが、フィットネスの目標達成の支えとなります。健康的な体重を維持したい人にも、ベストな体型にしたい人にも、チャーガはその手助けとなります。


Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese