0

Your Cart is Empty

12月 30, 2019

チャーガの人気が世界的に高まる中、代替医療に初めて触れる人の多くは、この小さなキノコがどのような働きをするのだろうと興味があります。アラスカやシベリアの先住民は何世代にもわたってチャーガを栽培し、使用してきましたが、チャーガが世界的に認知されるようになったのは比較的最近のことで、まだ知られていないことがたくさんあります。チャーガが樺の木に生えていることは一般的に知られていますが、環境保護に関心のある消費者は、チャーガの収穫が樺の木に害を与えるのではないかと疑問に思うかもしれません。

正しい方法で収穫していれば問題ありません。木を傷つけてチャーガを収穫すると、長期にわたる環境破壊や資源の枯渇を招く可能性がありますが、倫理に沿った収穫者は、樺の木を守り、自然のバランスを維持できるように、一連の慣習を守っています。ここからは、チャーガの収穫が樺の木にどのような影響を与えるか、どのようにするとチャーガが持続的に収穫できるのかを見ていきましょう。

チャーガの収穫は樺の木を傷つけるのでしょうか。

ご存知のように、チャーガは北半球の樺の木の側面に生えていますが、他の種類の木にも生えていることがあります。チャーガは、トルコやアメリカ大陸北部の州など、北半球の広い範囲に自生していますが、これらの地域で採れるチャーガは栄養価がないため、収穫できません。摂取するだけの価値ある栄養価が高いのは、亜寒帯や極寒帯で採れるものだけです。

チャーガは、樺の木の側面に生えている大きな黒い塊で見分けがつきます。この外皮のの硬い塊は菌核と呼ばれ、内部の組織を汚染から守ります。初めてチャーガを採る人は、木の節をチャーガと間違えることがありますが、チャーガは木に生えているキノコであるのに対し、節は木の幹の一部であり、通常は木の成長過程で生じた病気や何らかの欠点によるものというのが決定的な違いです。

チャーガは一般的に、成長の初期に木にはりつき、やがて幹を越えて木の内部にまで入り込み、栄養分を吸収して生命を維持します。また、木との密なつながりを利用して樹液を吸い上げることができます。これが、暖かい時期に樹液とともにチャーガの栄養価が流れ出てしまうことから、収穫できるのが冬に限られる理由の一つです。

樺の木からチャーガを丸ごと取り除くことはできですが、そうすると幹に大きな穴があいてしまうため、危険であり、賢い方法ではありません。樹木は幹に大きな傷を負うと治るのが遅く、穴があいたままでは樹木を枯らしてしまう病気の媒介となってしまいます。チャーガは宿主の木の健康と結びついているので、木が死ねば、チャーガも一緒に死んでしまいます。

これを防ぐために、倫理に沿った収穫者は、木に直に接触している部分を取り除かないように細心の注意を払い、菌核の一部のみを取ります。そうすることで木が病気に感染するのを防ぎ、チャーガが時間をかけて再生できます。また、その一帯で採れるチャーガの量を維持でき、何年先もはるか遠方に収穫しに行く必要がありません。

チャーガを持続的に収穫するもう一つの方法は、若すぎるチャーガを採らないことです。チャーガは成長するのに時間がかかるので、小さくて若いものは、そのままにしておくと大きなものへと成長します。また、小さなチャーガの一部を取ろうとすると、誤って丸ごと取り除いてしまい、幹に穴があいてしまいます。多くの収穫者が、広げた手を菌核にあててチャーガの年齢を推定します。手の一部が幹に触れたら、チャーガは若すぎるので、そのままにしておく必要があります。

チャーガの収穫に伴う樺の木の被害の多くは、収穫者によるものではなく、大気中の汚染物質によるものです。樹木は、工場、都市、自動車、人間の手による開発で発生したスモッグや汚染物質を吸収し、樹木を害するだけでなく、チャーガをも汚染し、安全に摂取できなくなります。このため、収穫する人は、文明や汚染とは無縁の、かなりの僻地まで足を運びます。

まとめ

人類は何千年も前からチャーガを収穫してきました。実際に、薬用としてのチャーガは、有史時代の始まりよりも前に遡ります。その間、人類は樹木を守り、チャーガが枯渇しない収穫方法を発展させてきました。世界中で広がる産業文明による汚染と世界規模で高まるチャーガの人気を考えると、チャーガの収穫による環境への影響を危惧する人がいるのも無理はありません。

持続不可能な収穫に手を染める倫理観のない収穫者を防ぐことはできませんが、一般的に、収穫者は環境を守る必要性に注意を払っています。チャーガを丸ごと取らず、小さなキノコを残しておくことで木の健康が保たれ、誰もが十分な量のチャーガを収穫できます。


Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese