2月 03, 2018

チャーガティーの健康面での利点

チャーガキノコはキノコの分野でスターですが、それには理由があります。チャーガキノコはキノココーヒーや紅茶によく使われ、素晴らしい健康効果が満載です。強力なスーパーフードで、免疫力を高める抗酸化物質を含むチャーガ(学名:Inonotus obliquus)キノコは、北半球で見られる樺の木に生息しています。

チャーガキノコの活性酸素吸収能力(ORAC)の値が最も高く、これは自然食品の中で抗酸化物質が最も多いということです。抗酸化物質を豊富に含む他の食品(アサイー、ザクロ、ブルーベリーなど)と比較しても、チャーガキノコははるかに強力です。

チャーガキノコとは何なのでしょうか。

チャーガキノコは何世紀も前から存在しており、健康面での様々な利点から東洋の人々に使用されてきました。チャーガの最も一般的な摂取方法はお茶で、利点を吸収するのに最適です。近年では、西洋文化がチャーガの素晴らしさに気づき、健康マニアや医療従事者がその素晴らしい健康特性を評価しています。

専門的に言うと、チャーガキノコは樺の木に生息する高濃度の菌糸体の塊です。チャーガは無毒の寄生真菌で、色は濃ゆく、硬く、ひび割れた見た目をしています。その見た目から、焦げた炭の塊のようだ、とよく言われます。開いてみると、中は黄褐色をしています。あらゆる点から見ると、チャーガキノコは簡単に見つかりません。よく樺の木の節や焦げた部分と間違われることがあります。キノコに関するサークルによっては、樺キノコと呼ばれることがあるので、この名前を聞いたら、チャーガキノコのことだと思ってください。ほとんどの場合、チャーガは樹齢40年以上の樺の木に生えています。しかし、真菌感染は早くから始まります。木が一度感染すると、チャーガが持続的に収穫できるようになるまで、3年から5年ほどかかります。チャーガを一度採ると、もう一度採れる大きさになるまでに3年から10年ほどかかります。このサイクルは、木が枯れるまで何度でも繰り返せます。

慣れている人は、北半球 ― ヨーロッパの北部、ロシア、韓国、カナダとアメリカ ― の寒くて湿った生息地で見つけます。アメリカでは、冬のアラスカ州フェアバンクスの近くで見つかります。当社のチャーガティーは、少量を持続可能な方法で収穫した野生の新鮮なチャーガキノコを使用しているので、チャーガのあらゆる素晴らしい効果を得られる高品質の製品です。視界を遮る木の葉がない冬の時期が最も見つけやすいです。

チャーガキノコには、次に挙げる様々な栄養素が含まれています。

  • 多糖類
  • 多くのアルカリ性物質
  • 植物性栄養素
  • マグネシウム

チャーガキノコの歴史

前述したように、チャーガキノコはその治癒力と強い抗酸化力から、東洋で高く評価されてきました。1955年にロシアがチャーガを抗がん性物質のあるキノコとして承認したことからも、チャーガの力がいかに強いかがわかります。過去60年以上に渡り、アジアとヨーロッパでチャーガキノコの効果について多くの臨床研究が行われてきました。長年にわたり、チャーガキノコの効果に関する研究は、抗がんと抗腫瘍特性、免疫不全とホルモンバランスに焦点を当てたものを合わせると、1600以上の研究が行われてきました。1967年にアレクサンドル・ソルジェニーツィンが『ガン病棟』を出版し、西側諸国が初めてチャーガの効果に気づきました。

チャーガキノコに関する事実

チャーガティーを日々の生活に取り入れると、健康面でどのような利点があるかというお話の前に、チャーガキノコに関する楽しい事実をいくつかご紹介します。

  • 5,300 年以上も前に、アイスマンがチャーガを薬草として使用してきました
  • 60 年前に、フィンランド人が、コーヒーの代わりに飲み始めました
  • 100 年前には、北欧の人々が、チャーガをホリスティック医学に取り込み始めました
  • チャーガキノコには、215 種ものファイトケミカルが特定されています
  • およそ 46 種の医薬品でチャーガが使用されています

免疫系の向上から有害な病気の撃退まで、チャーガティーを日々の生活に取り入れることをお勧めする理由はたくさんあります。

チャーガティーが健康にもたらす利点

さて、ここまではチャーガとは何なのか、どこで見つかるのかを見てきました。ここからは、その素晴らしい健康面での利点を詳しく見ていきましょう。チャーガの優れた抗酸化性についてはすでに何度も触れてきましたが、まだ紹介しきれないほどです。キヌア、アボカド、ゴジベリーなどの抗酸化物質を豊富に含む食品と比較してみても、チャーガキノコはずば抜けています。では、何が重要なのでしょうか?まず、チャーガにはアダプトゲン、免疫系の向上、胃腸の手助け、DNAの保護作用と抗がん性の特徴があり、手頃な価格で誰もが手に入れることができます。その多くの浄化・解毒作用は何世紀にもわたり認められていて、その結果、ロシアやシベリアでは定期的にチャーガティーを飲むようになりました。研究者によると、チャーガキノコには以下の効果があると言われています。

  • 神経系を鎮静
  • 免疫系を刺激
  • 血糖を下げる
  • 糖尿病の予防・改善
  • 潰瘍やその他胃腸疾患にプラスの影響を持つ
  • 肺がん、子宮がん、肝臓がんの抑制効果

それでは、チャーガキノコの驚くべき利点を見ていきましょう。

  • 体の免疫系をサポート:チャーガの最大の利点の一つは、免疫系のバランスを整え、サポートすることです。体が風邪や他からの攻撃と戦っているときに、チャーガが介入し、必要な後押しをしてくれるのです。このため、チャーガは、がんや他の好ましくない病気を撃退する免疫細胞の活性化に十分な威力を持つ、天然の生物学的反応修飾物質 (BRM)と考えられています。
  • がんの予防と治療の両方に活用:肺がん、子宮頸がん、肝臓がんなど、様々ながんとの闘病や予防に役立つことが、数え切れないほどの研究で明らかにされています。ロシアでは約60年前にがん治療にチャーガの一般使用が承認され、西側諸国の科学者らがその治癒効果を理解し、より真剣に向き合うようになってきました。チャーガには抗酸化物質が豊富に含まれているため、フリーラジカルやがん細胞による細胞の損傷を防ぐことができます。さらに、チャーガは健康な細胞を傷つけることなく、腫瘍の成長を遅らせることができます。
  • 鎮静作用と補助作用: チャーガはまた、体の血管をサポートする働きがあり、ストレスを感じている時や、痛みや神経障害に悩んでいる人に大きな助けとなります。
  • 胃腸のトラブルや潰瘍のサポート: チャーガには免疫を向上させる様々な優れた特性があり、胃腸の健康を支えます。東洋の文化圏では、チャーガは潰瘍を予防し、消全体化器系を包括的に守るものとして何世紀もにわたり使用されてきました。
  • 老化を遅らせる酸化ストレスは、しわ、小じわ、肌のたるみ、白髪など、老化の身体的な変化の兆候を引き起こす最大要因の一つです。日光や大気汚染を浴びたり、その他のことが原因でフリーラジカルが体内に入り込んでしまい、老化が悪化します。定期的にチャーガティーが飲んでいる人は、これらのフリーラジカルを撃退し、老化を遅らせることができます。

  • 特定の薬の副作用の予防:特定の薬の副作用の予防:別の新しい研究で、化学療法や放射線などの薬や治療に伴う副作用の予防にチャーガが効果的であることが明らかになりました。
  • コレステロールを下げる:他の抗酸化物質と同様に、チャーガキノコは低密度リポタンパク質(LDL)、または悪玉コレステロールを減らすのに役立ちます。さらに、チャーガはこの特性から、心血管疾患との戦いを助けることができます。
  • 炎症との戦い:ストレス、スポーツ傷害、病気など様々な理由で日々炎症に悩まされている人がいます。多くの場合、炎症は慢性的な健康問題を引き起こし、個々の生活の質を全体的に低下させます。関節リウマチなど、炎症に関連した慢性疾患も数多くあります。チャーガにはサイトカイン産生を抑制する力があり、炎症と戦い、制御するのに役立つことが研究で分かっています。つまり、炎症と戦うだけでなく、自己免疫疾患の発症を止めることもできるのです。
  • 血糖を下げ、糖尿病と戦う:比較的最近の研究では、チャーガが血糖値を下げ、糖尿病と戦うのに役立つことがわかりました。この情報は比較的新しく、チャーガが糖尿病とどのようにして戦うかはまだ研究中ですが、研究には期待できます。
  • 優れた抗ウイルス特性:チャーガに抗ウイルス特性があることが、いくつかの研究で明らかになっています。これと同じように、多数の研究では、チャーガが皮膚のシミや類似する症状の改善を助けることが分かっています。
  • 身体的な持久力と活力の向上:最後になりましたが、チャーガは活力を助け、身体の持久力を向上させることが証明されています。マウス使った研究では、チャーガを摂取した後、より長く泳ぐことができ、身体を動かした後の疲労度が低くなることが示されています。

これでお分かりのとおり、チャーガは非常に有益で、生活の様々な面で役立ちます。研究の中にはまだ初期段階のものがありますが、結果は大変期待できるものであり、チャーガの抗酸化特性は大変認められています。がんとの闘病を目的にチャーガティーを飲んでいなくても、毎日チャーガティーを一杯(あるいは三杯!)飲むことで、体は満たされることでしょう。

チャーガを摂取する理由
チャーガは様々な方法(チンキ、ぶつ切り、お茶など)で摂取できますが、ハーブティーが最も人気があります。チャーガが他の医療の代替えにはならないことを頭に入れておきましょう。それでも、様々な優れた抗酸化特性があり、体を支える力になります。今、キノコ茶とコーヒーが人気を呼んでいますが、それには理由があります。多くのお茶にはノムシタケ、霊芝、ヤマブシタケ、カワラタケなどの薬用キノコが含まれていますが、当社のお茶はチャーガ100%です。チャーガ茶はホットでもコールドでも淹れることができ、味は同じです。お好みに合わせてお楽しみください!

チャーガティーを試すかどうか迷っている方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。当社のチャーガティーは、袋入りと塊りの両方を販売しておりますので、お客様のお好みに合わせてお選びいただけます。アサイー、抹茶やモリンガのように、スーパーフードや抗酸化物質といえばチャーガ、と近々言われるようになることを期待しています。トレンドの一歩先を行くチャーガティーをぜひ試してみてください。北欧諸国やロシアでは何世紀にもわたりチャーガキノコを使用しおり、ようやく西側諸国が注目し始めました。私たちがこのブログを書いているように、何千年にわたり知られているこれらの文化を支持するための研究が続いています。現在、チャーガが幅広い深刻な健康上の問題にどのように対応できるかについての研究内容は期待できるものとなってきました。当社が取り扱っているチャーガをこちらでご覧になれます。どのようなチャーガがご自分に最適か分からない場合は、お気軽にお尋ねください。どうぞお楽しみください。


Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese