Crypto orders receive free expedited shipping!

0

Your Cart is Empty

7月 01, 2019

代替医療に興味のある方は、チャーガという名の小さなキノコのことを聞いたことがあるかもしれません。北半球の最も寒い地域で採れるチャーガは、アラスカやシベリアの人々の間で何世代にもわたって民間療法として使用されてきました。チャーガには、がんの撃退からフリーラジカルの除去による老化の抑制、免疫系の健康増進など、様々な効果があることがわかっています。

しかし、一日にどのくらいの量のチャーガを摂取すればいいのか、気になるところでしょう。この質問に対する明確な答えはありませんが(ご自身が必要とすることや生理的なものが他の人と異なる場合があります)、一日にあまりにも多くのチャーガを摂取するのは明らかに問題があります。ここでは、チャーガをお茶にして飲んだり、チンキにして飲んだりと、チャーガの正しい使い方をご紹介します。

チャーガティーあるいはチンキはどのくらいの量を摂取すると良い?

一般的に、チャーガを摂り過ぎたからといって、少なくとも短い時間でさほど悪影響は出ません。これは、純の高品質のチャーガを使用していることが前提です。低品質のチャーガを摂取すると、汚れや大気汚染、その他の問題でキノコの中に含まれている不純物を取り込むリスクがあります。純のチャーガであれば、より簡単に使用できます。

推奨される初日のチャーガティーの量は、6オンス(354ml)カップ2杯分です。お茶の効能を得るには十分な量ですが、体が処理するには少ない量です。チャーガチンキに関しては、超濃縮なので、もっと少量にする必要があります。一日あたり2~3ミリリットルを3回から5回摂取すると十分です。チャーガチンキは水や他の飲料と一緒に飲み込んだり、皮下(舌下)に投与すると効果が高まります。

チャーガや他の新しい成分を摂取する際には、少量から始めて体の耐性を試しましょう。慣れていない成分を過剰に摂取すると、予期せぬ副作用や反応が出る可能性があります。チャーガが菌類であることを考えると、過剰な量を摂ると、人によっては胃に問題が生じるかもしれません。自分の限界がわかったら、一日に摂る量を増やしていきましょう。

一般的に、一日あたりチャーガティーを3杯以上飲んでもほとんど意味はありません。ほとんどの人の体が、これ以上の量のビタミンやミネラルを一度に処理できないからです。取り過ぎた栄養素は、体が処理することなく、無駄なものとして除去されます。体が処理できる場合は、一日あたり3杯以上飲んでも構いませんが、それほど効果はありません。

長期にわたってチャーガを摂り過ぎると、腎臓に問題が生じることが分かっています。これはチャーガにカリウムとマグネシウムが非常に多く含まれており、過剰な量に達すると、腎臓や肝臓で除去されるからです。長期にわたってチャーガを摂り過ぎると、腎臓病になる可能性があります。肝臓がんを患っていた72歳の日本人女性に見られたシュウ酸塩腎症の場合は、長期にわたるチャーガ粉末の過剰摂取と関係がありました。

チャーガの過剰摂取によるもう一つの問題は、服用している成分や薬に対して副作用が出る可能性があることです。このことは、糖尿病患者と、チャーガ本来の特性と同じように血糖値を下げる薬を服用している人に顕著に見られます。何らかの薬を服用している方は、チャーガを摂取する前に医師に相談し、体に予期せぬ副作用が出ないか確認しましょう。

一日あたりのチャーガの摂取量を制限することで、チャーガの寿命を延ばせるという利点があります。チャーガはコーヒーのような他の飲み物よりもはるかに経済的で、塊や粉末状は何か月、何年と新鮮さを保てます。お茶はごく少量で作れますし、塊はお茶を淹れるのに再利用できます。チャーガを摂り過ぎなければ、購入したチャーガを無駄にすることなく、最大限に活用できるということです。

まとめ

一日あたりのチャーガの摂取量の目安はありません。体には個人差があり、成分に対する反応が異なるため、自分に最適な量が分かるように試していく必要があります。とは言え、必ず少量から始めて、時間をかけてチャーガの量を増やしていくのが良いです。そうすることで、チャーガに対する体の反応を見て、チャーガや類似したキノコへの耐性が分かるようになります。

最後になりますが、チャーガはほどほどに楽しむ奇跡の食べ物です。摂取量をしっかりと管理し、体の仕組みを知ることで、チャーガの効果を長く得られることでしょう。


Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese