0

Your Cart is Empty

12月 02, 2019 1 Comment

この記事を読んでいるということは、間違いなくチャーガに興味があることでしょう。北半球の地に生息し、何世代にもわたって数多くの病気の治療薬として使用されてきたチャーガには、消化器系の問題、がん、慢性的な炎症などを解消する効果があることから、世界中で急速に人気を呼んでいます。チャーガはアラスカやシベリアの人達の間では民間療法として受け継がれており、インターネット上にはこのキノコに関する資料はあまりありません。そのため、多くの人が抱く疑問があります。それは、チャーガティーを作るのにどのくらいの水が必要なのかということです。

必要な水の量は、どのくらいのチャーガティーを作るかで変わりますが、お茶が濃ゆすぎたり、薄すぎたりしないようにする作り方がいくつかあります。チャーガティー作りにどのくらいの水が必要なのかを見ていきましょう。

チャーガティー作りに必要な水の量

チャーガティー作りに必要な水の量は決まっておらず、チャーガの民間療法としての使い方が口頭伝承によるため、チャーガティーの作り方は人によって異なります。とはいえ、ティーバッグと塊のどちらを使うにしても、あるいはどのくらいのチャーガティーを作るにしても、お茶を淹れる際にはいくつかの注意点があります。

チャーガの量に対して水が多すぎると、お茶が薄くなり、飲んでも健康面で効果があるかほとんど分かりません。同様に、チャーガの量に対して水が少なすぎると、お茶が濃ゆくなり、特に、チャーガの味にまだ慣れていない場合や、土のような強い風味が嫌いな場合には、気持ち悪く感じるかもしれません。そのため、チャーガティーを淹れる際は、適量の水を使うことが大事です。

一般的には、チャーガキノコの粉末大さじ半分から1に対して、6オンス(約177ml)の水を使います。これで濃ゆすぎず、薄すぎず、中くらいのチャーガティーができます。この方法で作って味が濃ゆすぎる、または薄すぎる場合は、お好みの味になるまで色々と試してみましょう。好みは人それぞれですので、自分に合った水の量を試してみてください。

クロックポットまたは他の同様の機器を使って沢山のチャーガティーを作る場合も、同じように、チャーガの粉末大さじ半分から1に対して6オンス(約177ミリ)の水を使います。この量を守る理由は、お茶の多さに対してチャーガの量が少なくなると、一回でできるお茶が薄くなりすぎるからです。

塊またはティーバッグを使うとなると、チャーガの適量を量るのがより難しくなりますが、作れないことはありません。ティーバッグを使う場合は、各袋のチャーガ粉末の量を販売業者が記載しているはずなので、これをもとにして、必要に応じてティーバッグの量を加えたり、減らしたりして自分にぴったりの味にできます。

チャーガの塊を使う場合は、適量を量るのがはるかに難しくなります。業者が各塊の重さを記載していない、あるいは自分で収穫したチャーガの塊を使う場合は、秤で粉末の重さを量って、どのくらいのチャーガを使うかを決めるのが一番良いです。

塊を使ってお茶を淹れる際に水の量を量るもう一つの方法は、塊の大きさから必要な量を推測することです。塊が小さければ、美味しいお茶を作るには、少量の水で良いのは言うまでもなく、大きくなるほど多くの水が必要になります。また、少量のお茶を作る場合は、塊を小さく切っても良いです。色々と試しすと、自分に適した方法が見つかることでしょう。

最後に忘れてはいけないことがあります。チャーガの塊は、粉末やティーバッグと異なり、
追加のお茶を作るのに再利用できます。捨てる前に再利用してお茶を作れます。この方法で、一回分のお茶の量を倍にできます。

まとめ

チャーガティー作りに使う水の適量を量るのは、科学的なものではなく、作る人の腕次第です。チャーガにまつわる話は、口頭伝承による民間療法であるため、最高のお茶を作るのにどれくらいの水が必要か、はっきりとした答えがありません。とはいえ、お茶の濃ゆさ、味や飲む人の好みに応じて作る標準的な目安があります。

この記事で述べているアドバイスは、具体的な手順としてではなく、あくまでも目安として参考にしてください。それぞれに最適な方法を見つけるには、色々と試す必要があります。運と練習が合わさり、お好みや条件に合うチャーガティーができあがります。


1 Response

Chris
Chris

7月 22, 2020

Can you make sun tea with your chaga tea bags?

Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese