0

Your Cart is Empty

12月 09, 2019

チャーガは世界の最北端の地で採れる小さなキノコで、代替医療が好きな人や慢性的な健康問題の解消法を求めている人達の間で急速に人気が高まっています。アラスカやシベリアの人達の間で病気に対する民間療法として知られるチャーガには、消化器系の健康を改善したり、がんと戦うなどの効果があることが分かっています。チャーガを初めて使う人は、できるだけ長持ちさせるには、どのように保存すればよいのか疑問に思うことも多いでしょう。

チャーガは有機食品なので、適切に保存するには注意が必要ですが、正しい方法で保存すると長持ちします。それでは、適切な保存方法について見ていきましょう。

チャーガの保存方法

チャーガは岩や土のような見た目をしていますが、キノコであり、生きた組織で構成されていることを忘れてはいけません。そのため、他の乾物を保存するときと同じような注意が必要です。乾燥させたチャーガの消費期限は長いですが、様々な要素にさらされると栄養価が損なわれ、適切に保存しなければ、ネズミ、虫や害虫に食われてしまいます。そのため、確実な方法で安全に保存しなければいけません。

水分を含んだチャーガはカビが生える危険性があるので、最初に乾燥させておく必要があります。業者から購入する場合は乾燥してもらえますが、自分で収穫した場合は自分で乾燥させる必要があります。乾燥させる方法としては、天日干しにしたり、オーブンを使ったり、あるいは自宅で自然乾燥させても良いです。カビの生えたチャーガを口にすると体調を崩す可能性があるので、使用したり、保管する前にしっかりと乾燥させてください。

チャーガの保存に当たっては、日差しや熱にさらされると、時間をかけて悪化するため、日差しの当たらない冷暗所を選ぶようにしましょう。チャーガ好きの中には、冷凍庫で保存する人もいますが、冷凍する必要はありませんし、チャーガの栄養価が損なわれる可能性があります。大抵の場合は、食器棚で十分でしょう。

チャーガは密閉容器に入れて、空気中の汚染物質との接触を最小限に抑え、ネズミや虫に食われないようにしましょう。いざという時にはジップロック袋を使っても良いですが、長期保存にはタッパーウェアのプラスチック容器やガラス製のボールジャーが良いでしょう。何一つ出入りしないように真空パックの容器を使うのも良いでしょう。チャーガの種類に合わせて保存容器を選ぶようにしましょう。粉末状なのか塊なのかによって、取り出しやすい容器を選ぶ必要があります。

チャーガを保存する際に忘れていけないのが消費期限です。チャーガは長持ちしますが、あらゆる食べ物と同じように、いずれは腐ります。期限切れのチャーガを口にしたからといって体調を崩すとは限りませんが、最初のときのような使用するだけの価値ある栄養価はありません。そのため、いつチャーガを入手したのか、どれくらい持つのかを把握してく必要があります。

チャーガを業者から購入した場合は、通常は消費期限がパッケージに記載されています。自分で収穫した場合は、収穫日を書き留めておきましょう。チャーガは栄養価を損なうことなく一年間は持ちますので、保存容器に分ける際には、消費期限をテープに書いて、容器に貼り付けておきましょう。こうすることで全てを把握できます。理想としては、期限の異なるチャーガを混ぜるのは避けたいところですが、容器が足りなくなり、混ぜる必要が出てきたら、一番古いものを使いましょう。

チャーガは特にデリケートな食べ物ではありません。しかし、保管方法を誤ると、カビが生えたり、害虫に食われたり、様々な要素にさらされることで腐ったりします。いくつかの基本的な方法を守ると、余計なことを考えずに安全に保管できます。

まとめ


チャーガは長持ちするキノコで、丈夫なことで知られています。チャーガを長持ちさせ、様々な要素にさらすことなく安全に保管する方法がいくつかあります。保管状態が悪いと、虫やネズミに食われたり、熱、空気や日差しに当てすぎると台無しになったり、カビが生えて駄目になってしまいます。汚染されたチャーガを口にすると害があるので、可能な限り徹底して保管しましょう。

チャーガは、自宅にすでにあると思われる物を使って簡単に保管できます。食器棚や密閉容器があれば保管できますし、消費期限を把握しておけば、腐ったチャーガを捨てることもできます。しっかりと計画を立て、用心しておけば、安心してチャーガを保管し、何年先も味わえることでしょう。


Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese