10月 15, 2018

チャーガは世界中でトップスーパーフードの一つになりましたが、これには理由があります。 チャーガには免疫力の増強から老化防止効果まで多数の実証された健康効果があり、日々、多くの人々がチャーガで可能なことを発見しています。 しかし、この物質をどのように使用したらよいか分からない人もいるでしょう。

最も一般的なチャーガの使用方法はお茶を煎じることですが、チンキ剤やコーヒーを作るなど他の準備方法もあります。 以下はニーズや好みによってチャーガを使用する方法です。

持っているチャーガの種類

チャーガの実際の形態により使用方法も変わってきます。 チャーガは通常、お茶用の塊りとして販売されています。 塊りの利点はチャーガキノコ粉末やティーバッグと違って再利用できることです。 しかし多くの場合、チャーガの塊りは準備のために小さな小片に分けるか、挽く必要があります。

チャーガキノコ粉末は一般的にチャーガの塊りより使用が簡単なため、初心者には理想的なオプションでしょう。 粉末は準備を必要としないため、そのままレシピに使用できます。 チャーガティーバッグも数社の販売業者により販売され、用途は限られるものの、全く準備の必要がありません。

チャーガをお茶以外の目的に使用したい場合、チャーガキノコ粉末が必要です。 チャーガは塊としても使用可能ですが、適切な準備が必要です。

チャーガティーを作る

何世代もの人々に利用されたチャーガの最も一般的な使用方法は、お茶を作ることです。 一番早い方法は、鍋に水を沸かしてチャーガをその中に沈め、必要な量に従って数分かそれ以上お湯に浸します。 浸した後、茶こし器でこして飲むだけです。

これが最小の努力しか必要としない、最も簡単な使用方法です。 チャーガを鍋で沸騰する代わりにカップの中に浸せば、さらにプロセスを加速できます。 飲むだけでチャーガのほとんどの栄養価を利用できる便利な方法です。 さらに効果を高めるには、はちみつやレモンジュースを追加します。 チャーガティーを冷蔵庫に入れれば、アイスティーも作ることができます。

チャーガでチンキ剤を作る

チャーガの栄養素を最大活用し、柔軟に摂取するために、チャーガでチンキ剤を作ることができます。 チャーガをチンキ剤として好きな食べ物や飲料に入れることで、チャーガティーでは利用できない非水溶性のベータグルカンやポリフェノールを利用することができます。

チャーガのチンキ剤を作るには、チャーガキノコ粉末を1ガロン(約4リットル)のガラス瓶に入れ、上から5センチくらいのところまで水を入れます。 ウォッカ100プルーフ(アルコール度50%)を瓶一杯まで入れ、8週間待ちます。瓶は毎日振ってください。

8週間後にチーズクロスを使用して、瓶の中のアルコールをろ過します。 ろ過したアルコールの量を測定し、もう一つのカップに同量の水を入れます。 チャーガを陶磁器のポットに入れ、測定した水を追加します。 残りのチャーガミックスと水を陶磁器のポットに入れ、水の量をマークします。これでチンキ剤がなくなった時が分かります。 その後、最初の測定の倍の量の水を追加します。

チャーガを沸騰するまで過熱し、弱火で煮込みます。 最初にマークしたレベルに水が達したら、火を消して1日間冷やします。 あと2日このプロセスを繰り返した後(合計3日間)、アルコールを追加し、ミックスをガラス瓶の中で保持します。

このプロセスは時間が掛かりますが、チャーガの有用性と栄養素は努力に値します。 このレシピは強力なチンキ剤を作るため、ほんの少し使用するだけでチャーガの最大の栄養価を得られます。

チャーガでチャイラテを作る

チャイラテが好きなら、チャーガを含む特別なチャイラテを作ることができます。 これを作るには、牛乳1~2カップ、チャーガ粉末またはチャーガ抽出液大さじ1、黒コショウ、水3カップ、ショウガ、シナモン、クローブ、カルダモンのミックスを用意します。

チャーガチャイラテを作るには、水とミルクをフライパンで沸騰し、チャーガとスパイスを加え、蓋をしてからミックスを20分間煮ます。 その後、泡状にするためにハンドブレンダーを使用します。 ミックスを茶こし器でこしてカップにいれて飲みます。 このチャイラテはチャーガの全ての利点を利用しながら、チャイラテの独特な味を楽しめます。

チャーガコーヒーを作る

コーヒーの代わりにチャーガを飲む人もいれば、カフェインが必要なため、この2つを組み合わせる人もいます。 チャーガコーヒーを作るには、チャーガキノコ粉末、挽いたコーヒー豆、フレンチプレスが必要です。

通常のコーヒーを作るときのように、コーヒー豆をひき、水を沸騰します。 コーヒー、チャーガ、熱いお湯をフレンチプレスに入れ、1~2分間待ちます。 フレンチプレスが一杯になるまで熱いお湯を追加し、もう数分間待ちます。 その後この熱いドリンクをカップに入れて飲めば、ふさぎ込みがちな気分も明るくなります。

チャーガスムージーを作る

多くの人々がチャーガを使用してスムージーレシピを作り、新鮮なドリンクを楽しんでいます。 チャーガを使用してカカオスムージーを作るには、チャーガティー1カップ、凍ったバナナ1本、生のカカオパウダー大さじ1、アーモンドバター大さじ1、生のはちみつ小さじ1/2、ヒマラヤ海塩とナツメグ少々が必要です。

これらの材料を一緒にブレンドすると、デザートにピッタリのローカロリーのスムージーが出来上がります。 このスムージーの良い点は、使い残しのチャーガ―ティーを使用できることです。

その他のチャーガレシピ

膨大な数のチャーガレシピと使用方法があります。 チャーガ愛好家はこのキノコを使ってスパイス付きナッツ、アイスクリーム、ココナッツティー、その他あらゆるものを作っています。 それぞれの人の味覚や力の入れ方にもよりますが、チャーガの使用方法は無限です。

何世代もお茶として楽しまれたチャーガは、今や世界中に知られるところになり、無限の可能性を秘めています。。 チャーガの修復効果を利用したいのなら、これを可能にする方法は無数にあります。 適切に準備する限り、「正しい」使い方はありません。想像力を使いましょう。


Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese