0

Your Cart is Empty

4月 15, 2019

スーパーフードや代替栄養学の世界に精通している人であれば、チャーガの名前を聞いたことがあるでしょう。世界の最北端で栽培されているこの小さなキノコは、病気の予防からがんの撃退、若返りなど、あらゆる効果があると言われています。世界的にもチャーガの秘密が知られるようになった今、手っ取り早く稼ぐ目的で、偽のチャーガや粗悪品を販売する不謹慎な商売人が出回っています。

本物のチャーガは簡単に見分けられますが、偽物のチャーガは見分けがつきません。本物と偽物の見分け方を見ていきましょう。

偽のチャーガを見分ける

チャーガは北半球の広い地域に生息する樺の木に生えるキノコです。南はコーカサス山脈やアメリカ中部大西洋岸までと、チャーガは樺の木に生えています。しかし、極寒の北半球以外の地域に生えているチャーガは、極寒の地でしか得られない栄養価が不足しているため、人の食用には使えません。つまり、信頼できるのはアラスカやシベリアなどで収穫されたチャーガだけということになります。

樺の木の側面で成長して現れるチャーガは濃い黒色をしています。表面的には、病気やストレス、その他の病気が原因で生じる樹木の異常成長であるコブに似ています。しかし、コブは菌類ではなく、樹木の一部というのが主な見分け方です。また、チャーガが長方形に生えているのに対し、コブは木の幹から飛び出していることから、丸みを帯びている傾向があります。

また、チャーガは内側の鮮やかな色で見分けられますし、硬い外皮を剥いだり、チャーガとその宿主の木が出会う場所を観察したりしても分かります。内側が鮮やかなオレンジ色を帯びた黄色をしていることから、「ブラックゴールド」と呼ばれることがあります。また、内部はスポンジ状になっていることが多く、その質感はコルクに例えられています。これらの特徴のどれかが、またはどれも該当しないキノコは偽物である可能性が高いです。

チャーガの販売業者が消費者からぼったぐる一般的な方法の一つに、研究室で栽培されたチャーガを使用するというのがあります。そのようなチャーガは、自然の中で収穫するものに比べると、かなり劣っています。理由は、チャーガは木に生えて、薬理効果となる栄養素を吸収するからです。人工栽培したチャーガを販売している業者のものは、どれも粗悪品です。

もう一つの手口は、泥やその他の不純物で重くしたチャーガを売ることです。多くのチャーガ収穫者は、怠惰や貪欲さから、泥や土などにまみれたチャーガの塊を、実際に収穫した物よりも大きく見せようとします(その結果、より高値になります)。一部の業者は、その後、これらの汚染されたチャーガの製品を消費者に販売します。

このように手を加えられたチャーガを見分けるには、製品の純度を見る必要があります。チャーガは100%純粋で、汚れや泥などが何一つ付着してはいけません。評判の良いチャーガ販売業者は、販売用に包装する前に、すべてのチャーガを洗って殺菌します。汚れたチャーガを販売するのは詐欺であるというだけでなく、病原体や毒が体に入り、健康を害する危険性もあります。

チャーガの粉末の偽物を見分けるのには時間がかかるかもしれません。チャーガの塊は、見た目や手触りが非常に特殊なので、偽物を見分けるのはより難しくなります。しかし、チャーガの粉末はすり潰されているので、偽物と見破られやすいのです。チャーガの粉末をよく見て、本物のチャーガなら持っている物理的な条件を満たしているかどうかを確認しましょう。チャーガのサプリメントは、偽物に関してはかなりの問題です。

まとめ

チャーガは、アラスカやシベリアでは何世紀にもわたって風邪から癌に至るまでの治療薬として使用されてきましたが、世界的には比較的新しい食べ物です。さらに、チャーガは、米国政府や他の国の政府によってそれほど規制されていないため、販売業者を信用して
購入する消費者に対して、詐欺師や嘘つき業者が偽物を簡単に売りつけられるようになっています。そのため、チャーガを購入する前には、自分自身で勉強する必要があります。

商品を購入する前には、必ず常識を働かせて、販売業者を徹底的に調べましょう。チャーガの販売業者の中には、単に偽物を売りつけようとする業者もたくさんいますが、純粋で清潔なチャーガを販売する信頼できる業者もたくさんいます。すぐに森に出かける計画がなくても、チャーガの見分け方を知っていると、物事の良し悪しの区別がつくでしょう。


Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese