8月 20, 2018

チャーガにご興味があれば、時折ORACという言葉を見聞きすることがあるかもしれません。ORACは「活性酸素吸収能力」の略で、特定の食品に含まれる抗酸化物質の量を測定する仕組みです。

チャーガの大きなセールスポイントの一つに、豊富な抗酸化物質があります。フリーラジカルと戦うのを助け、人体に様々な効果があります。そこで、ORACが何か、そしてそれがチャーガの品質とどのような関係にあるのかを良く理解する必要があります。

上で述べたように、ORACは特定の食品に含まれる抗酸化物質の量を測定する方法で、μ molTE/100gとして測定します。ORACはアメリカ国立老化研究所(アメリカ国立衛生研究所の一部機関)が開発したもので、細胞を傷つけて老化を加速させることで知られるフリーラジカルとの戦いで、特定の食品がどれだけ効果的かを簡単に数値化できます。

食品のORAC値を調べるためには、フリーラジカルが個々の分子を傷つけるのをどれだけ防げるかを見るために設計された様々な実験室のテストにかけられます。対象となる食品、フリーラジカルと分子を試験管内に入れて行われます。フリーラジカルによるダメージから分子を守る食品の能力が高いほど、抗酸化物質が豊富であり、ORAC値が高くなります。

ORACシステムが存在する理由は、食品に含まれるわずかな特定のビタミンやミネラルだけでは、フリーラジカルに対する効果的な抑制力にならないことが、最近の科学者によって突き止められたからです。ORACは食品に含まれる抗フリーラジカル栄養素の存在だけでなく、その栄養素が実際にフリーラジカルとの戦いでどれほど活発であるかを示します。また、フリーラジカルを単独で語るのではなく、異なる種類の栄養素が相乗効果を発揮してフリーラジカルと戦っていることを示しています。

ORAC が役立つ理由とは?

ORACは単に科学者だけに有用な統計ではなく、消費者、そして食品を購入するかどうかを決めるのに非常に現実的な意味合いがあります。そのため、ORACの重要性を理解するには、相反する抗酸化物質とフリーラジカルの両方を理解する必要があります。

抗酸化物質とフリーラジカルとは何ですか?

フリーラジカルは、体内の正常な代謝活動で作られる余分な原子や分子です。フリーラジカルと呼ばれる理由は、既存の細胞や分子構造にくっついておらず、体内を自由に動き回っているためです。均等に対をなす電子を持つ通常の原子とは対照的に、不対電子を持っているのが特徴です。

フリーラジカルが問題なのは、体内を動き回り、他の分子と衝突するからです。特に、DNAや細胞膜を破壊し、老化や様々な変性疾患の発症につながります。簡単にいうと、フリーラジカルは老化の大きな要因であり、フリーラジカルを制御しておくことが身体の完全性を維持する鍵となるのです。

抗酸化物質は、フリーラジカルと戦うための主要な手段です。抗酸化物質は、フリーラジカルが他の細胞と相互作用するのを防ぐことによって働き、細胞の損傷とその延長戦上の老化を遅らせます。抗酸化物質の例としては、ベータカロチン、ビタミンE、その他の一般的な栄養素や各種ビタミンなどが挙げられます。

ORAC スコアが最も高い食品は?

ORAC値が非常に高い食品やサプリメントがたくさんあり、食生活に加えると大変有益です。そのうちのいくつかをご紹介しましょう。

チャーガ

冒頭で述べたように、チャーガは世界で抗酸化物質が最も高い食品の一つです。樺の木に生え、ユーラシアや北アメリカの最北端で収穫されるこのキノコは、何世代にもわたりこれらの地域の先住民の間で民間療法に用いられており、代替医療としての人気が高まっています。

チャーガの特徴は、血糖値やコレステロールの調整に加えて、免疫系の健康を高める多糖類が多いことです。実際に、チャーガのORAC値は、抗酸化物質が豊富なスーパーフードとして知られるアサイーベリーよりも3倍も高いのです。比較すると、チャーガのORAC値はアサイーの102,700 μ mol TE/100gに対して、146,700 μ mol TE/100gです。

ゴジベリー

ヒマラヤ原産のゴジベリーは、地球上で抗酸化物質が最も豊富な食品の一つです。ゴジベリーは、鉄分、カルシウム、カリウム、ビタミンC、アミノ酸などの栄養素を豊富に含んでいることが特徴です。ゴジベリーがORAC値の最も高い食品の一つである理由はここにあります。

ウコン

カレーやその他のスパイス料理によく含まれているウコンは、郷土料理の主食となっている国では炎症と戦うことで知られています。その抗炎症作用が、ORACのスコアが高い理由の一つです。ウコンは手軽さから食品としても、サプリメントとしても摂取できます。

ブルーベリー

ブルーベリーは、最近では健康食品として認知されるようになり、ORAC値も高くなっています。抗酸化物質が豊富なブルーベリーは、がんや老化などの病気に効果があり、ブルーベリージュースもザクロやグレープ、クランベリーなどの果汁に比べてORAC値が高いです。

緑茶

緑茶は健康飲料として一般的に知られていますが、実際のところは、ここで挙げる他のスーパーフードよりもORAC値が非常に低く、FDAによると、ラセットポテトよりも低いランク付けになっています。緑茶の健康面での利点は証明されていますが、一日に何杯も飲む必要はありません。

世界で最も ORAC スコアが高い食品は何ですか?

ORAC値の測定は比較的最近見られる現象であり、この分野ではまだ多くの研究が必要ですが、一般的に共通している考えとして、既知の食品の中でモリンガのORAC値が最も高いとされています。

ORAC値にともなう課題

ORAC値の測定は比較的新しい科学であるため、これに関してはかなりの量の誤情報が出回っています。特に、抗酸化物質が豊富な食品のメーカーは、製品を特徴づける方法にORAC値を使い、ORAC値が高い製品の販売を促進しています。虚偽の広告が存在したり、ORAC値が不正に使用されることから、ORAC値そのものが役に立たないという声もあがっています。

ORACは実験室内で食品とフリーラジカルの相互作用を測定するものであり、抗酸化作用を促すまたは妨げる様々な要素がともなう、はるかに複雑な人体には適用できないという指摘があります。一部の抗酸化物質の研究者は、ORAC値と人の健康との間には具体的に証明された関連性がないと指摘しています。

しかし、ORAC値に対する主な苦情は、サプリメントや食品の販売業者による誤用に関するものです。多くのメーカーが、製品で老化を止められる、若返ることができるなどと、大げさな宣伝をします。サプリメント市場には規制がないため、このような虚偽の宣伝にすぐに対処される可能性は低いと思われます。

ORAC値は、特定の食品やサプリメントの品質を決める一つの要素に過ぎないということを覚えておきましょう。買い物の際は様々なことを考慮する必要があるので、謳い文句が科学的な統計に聞こえても飛びつかないようにしましょう。

ORAC値の測定は科学的にまだ初期段階にあり、改良が必要な部分が多くあるということを念頭に置いておきましょう。重要なのは、買い物の際は常に冷静に考えて決定し、ORAC値やその他のことを含め、魅惑的な謳い文句にひっかからないことです。

ORAC 測定におけるエラー

現在、ORAC値の決定と規制に対して責任を負う中央機関がないため、インターネット上ではこの値に関する悪い情報がたくさん見受けられます。多くのウェブサイトや販売業者が製品のORAC値について誤解を招くような情報を掲載していますが、その多くが数値の基になる単位を表示していません。このため、米国農務省はORACチャートをオンラインで公開しなくなりました。

ORACは製品の有用性を測る一つの方法に過ぎないことを頭に入れておききましょう。ご自分に最適な食品やサプリメントを選ぶには、製品を全体的に見て、長所と短所をすべて評価する必要があります。製品を購入する前に必ず調べましょう。

まとめ

ORAC値は、食品の抗酸化物質の質を評価するのに貴重で重要なツールです。老化や変性疾患がご心配であれば、抗酸化物質が豊富な製品を摂取したいと思うことでしょう。ORACは、費用対効果が最も高い食品やサプリメントを見つけるのに役立ちます。

しかし、ORACは、自分に最適な食品やサプリメントを探すツールの一つに過ぎません。特効薬のようなものではないので、買い物の際は選択肢をじっくりと比較し、特定の状況、予算と希望に最適な物を入手できるようにしましょう。



Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese