11月 19, 2018

この数年でチャーガは世界を席巻しました。世界で最も寒冷な地域に住む人しか知らないチャーガは、その薬理上の特徴で世界中でたちまち人気になりました。チャーガにはガン闘病、病気の予防、フリーラジカルの除去による老化防止、消化の手助けなど、様々な効果があることが分かりました。しかし、最高級のチャーガは世界のどこにあるのでしょうか。

ほとんどのチャーガの収穫場所がシベリアとアラスカの二か所です。多くのチャーガサプライヤーが、自分達のチャーガがどこよりも優れていると声高らかに宣伝します。シベリア産とアラスカ産のチャーガに違いはあるのでしょうか。私達の経験からすると、アラスカ産のチャーガの方がシベリア産よりもはるかに優れており、それには多くの理由があります。この二つの地域の何が違うかを見ていきましょう。

チャーガを探す場所

チャーガが主にシベリアとアラスカで収穫される理由は、チャーガ独自の栄養素の摂取の仕方にあります。チャーガは樺の木で自生しているので、北米、ヨーロッパ、アジアなど樺の木があるところならどこにでもあります。南方の地であるトルコでも見つかります。

しかし、チャーガが潜在能力を最大限に発揮するには、極端に寒い場所で育つ必要があります。温暖な気候のもとではチャーガの栄養価は損なわれます。このため、栄養価のあるチャーガは、シベリアやアラスカのような極端に寒い北の地域でしか採れません。昔からこの二つの地域のみでチャーガが民間療法に用いられている理由もここにあります。

シベリアとアラスカのチャーガ

ロシアではシベリア、アメリカではアラスカが最も寒い地域という認識があります。両地域は物理的に遠く、到達困難で、人口が少なく、冬は長く、夏は短いです。夏の一日は極端に長く、冬の一日は極端に短く、太陽が日中全く昇らない、あるいは沈まない場所があります。両地域とも年間を通じて予測不可能で当てにならない天候で知られています。

アラスカとシベリアは様々な点で似ていますが、二つを隔て、アラスカ産のチャーガがシベリア産のよりも優れている大きな違いがたくさんあります。まずは公害が挙げられます。シベリアはアラスカより人口が多いぶん、人の活動に伴って多くの公害物質が大気中に放たれます。大気汚染で有害物質を吸収したチャーガは台無しです。このため、評判の良いチャーガサプライヤーは、人がほとんど足を踏み入れていない農村やへき地のみで採取します。アラスカはシベリアより人口が少なく、公害もほとんどないため、より純度の高いチャーガが採れます。

事実、ロシアの大気汚染の制御は歴史的にみて、米国よりも遅れています。冷戦時代、ソ連は環境被害を顧みずに工場や都市を建設し、世界最悪の環境破壊の一つが、そのソ連で起こったアラル海の灌漑です。ロシアは冷戦終結から公害法を改善したものの、ソ連時代の産業化政策の遺産によってシベリア産のチャーガが汚染されました。これに対して、米国では厳格な公害法がアラスカ産のチャーガの品質保護につながりました。

その事実として、米国で収穫されたチャーガの品質管理はロシアより厳しいです。汚職とゆるい政府の監視が原因で、チャーガを扱うシベリアの業者が規格外の商品を売るのははるかに簡単です。そのようなチャーガには、汚染されたもの、泥が混ざったもの、または消費に適さないものが含まれています。これに対して、アラスカ産のチャーガは市場に出回る前に厳しい品質チェックがあります。

まとめ

チャーガを購入する際に最も重要なことは、どこから購入するかという点です。手抜きをして不良品を売る信用できない販売業者から購入しますか。それとも評価の高い業者から購入しますか。低品質のチャーガは摂取する価値ある栄養価が不足しているだけでなく、毒素や不純物を体に取り込んで健康を害する可能性があります。リスクを冒さずに、評判の良い業者からのみ購入しましょう。

異論があるかもしれませんが、現在の市場に出回っているチャーガの中で、アラスカ産のチャーガが最も純度が高く、清潔で、栄養価が高いものだと私達は信じています。汚染物質の少なさや品質管理の厳しさなど、様々な点でアラスカ産のチャーガがシベリア産よりも優れています。そこで、選択肢があるなら、シベリア産よりもアラスカ産のチャーガをお薦めします。チャーガに関しては、できる限り最高級のものを購入しましょう。アラスカ産のチャーガは誰をも満足させると強く信じています。


Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese