0

Your Cart is Empty

8月 10, 2020 1 Comment

「これほどストレスが多ければ、遅かれ早かれ胃潰瘍を発症する」-このようなことをよく耳にしますが、実際には何を意味するのでしょうか。ストレスが原因で胃潰瘍が起こるのでしょうか。これについて掘り下げて見ていきましょう。

胃潰瘍は、胃腸管の病気の中で二番目に頻度の高い病気です。胃潰瘍は、胃の粘膜から胃壁までが深く傷ついて起こり、上腹部にひどい痛みが出ます。炎症も関わっていることが多々あり、胃炎に似た症状があります。胃潰瘍の原因は様々です。上述したように、ストレスが一つの引き金と考えられています。確かに、ストレスは潰瘍になる誘因ですが、それ自体が犯人ではありません。同様に、遺伝的要因でも潰瘍を発症する可能性が高まります。潰瘍になる最も一般的な原因は、ヘリコバクター・ピロリ菌が棲みついて起こる感染症によるものです。他に重なる要因では、例えば、不健康な食生活が胃潰瘍につながることがあります。

潰瘍は、胃酸過多になると頻繁に発症しますが、これにはいくつかの原因が考えられます。分泌される粘液の量に比べて、胃酸が多すぎると、胃壁が傷つくことがあります。胃腸管の消化トラブルが犯人の場合もあります。このように、胃酸に限らず、胃の中に入る胆汁が問題を引き起こすことがあります。このような症状が起こるリスクのある人、胃炎になったことがある人、あるいは以前に潰瘍を患ったことがある人は、ストレスを減らし、食生活を見直しましょう。濃ゆいコーヒーやアルコール飲料など、辛いものや酸性の食べ物は避けましょう。アスピリン(アセチルサリチル酸)、イブプロフェン、ジクロフェナクなどの薬も関与している可能性があります。

潰瘍のある人は、食欲不振、体重減少、膨満感、消化器系の問題 ― 下痢や排泄物の変化から吐き気、激しい胸やけなど、様々な症状が見られます。それでも、ほとんどの場合、睡眠障害を招き、生活の質に大きな影響を及ぼすことさえある激しい痛みに悩まされます。

胃潰瘍は重篤な合併症を引き起こさないように治療が必要です。胃の出血や穿孔は命に関わります。腹部の出血は、多くの場合、便に見られます。いわゆるタール状の便は、上部消化管内の出血によるものです。

消化管穿孔を介して細菌が腹腔内に侵入し、そこから重度の感染症、特に腹膜に感染することがあります。腹膜炎を患っている人は、高熱と激しい痛みが見られます。上部消化管内の出血が原因で血を吐くようになったら、すぐに医師の診察を受ける必要があります。まさに緊急事態です。

一般的に胃潰瘍は、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染や炎症による二次感染と戦うために、まずは抗生物質で治療します。治療中は、徹底した食生活を守る必要があります。場合によっては、手術が必要になります。

あいにく、多くの患者が、消化管の症状を治療に必要な多くの薬で腹部の痛み、あるいは少なくとも腹部の不快感をおぼえることがよくあります。そのため、苦痛を減らせる自然療法を求めることも少なくありません。しかし、どの自然療法がこのような急性疾患に効果があるのでしょうか。

解決策はあります。それはチャーガです!チャーガは、ラップランドや北米などの寒冷気候の地域に生息する樺の木に生える栄養豊富なキノコです。古くから人気のある治療薬とされており、その効果が科学的に証明されていることから、多くの医師が治療に使用しています。

チャーガには、抗炎症作用、免疫力アップ、代謝促進、抗酸化作用など、私たちの体に良い影響を沢山もたらしてくれます。また、チャーガは胃潰瘍の治癒にも効果があります。

胃潰瘍にはフリーラジカルが関与していることが多く、体にダメージを与えて、胃の細胞を攻撃します。キノコの抗酸化作用と抗菌作用は、潰瘍の原因となる細菌に直接働きかける役割を果たします。さらに、チャーガは胃粘膜の形成を助けるので、しっかりと保護できます。炎症はチャーガの抗炎症作用で解消できます。胃腸内の細菌は中和され、再び増殖することで、この細菌の入り口は閉ざされます。

肝臓を含む腹部器官にもたらすチャーガの効果によって消化が促進され、肝臓によって毒素がよりよく排出されます。

チャーガによる治療は、お茶にして飲んで行えます。患者はカップ一杯分のお茶を一日二回飲みましょう。一杯の量は約400mlです。一番良いのは、起床してからすぐ、最低でも食事の30分前に空腹のまま飲む、あるいは食事の二時間後に飲むことです。そうすることで、チャーガが栄養素を最大限に引き出せます。治療期間は個々の健康状態や状況によります。とはいえ、一杯目を飲んだ後には、チャーガの持つ鎮静効果と痛みが和らぐのを実感できることでしょう。副作用がないので、治療期間に制限がなく、安心して長く続けられます。

当然のことですが、チャーガがあらゆることを解消できる訳ではありません。ある一定の基準に沿うことが大切です。アルコール、コーヒー、脂質の多いもの、酸味のあるもの、辛いものの摂取量を減らす、または一切摂らなくするかです。チャーガがもたらす効果は科学的に裏付けされていますが、医師の監督下で治療を始めることをお勧めします。

チャーガのおかげで、ようやく胃炎や胃潰瘍とお別れでき、予防対策も始められます。チャーガの持つ抗炎症作用と抗菌作用を活用しましょう。かつてないほど簡単に病気から回復できます。


1 Response

Jflott
Jflott

2月 16, 2021

About to give this a try.

Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese