0

Your Cart is Empty

2月 25, 2019

これを読んでいるということは、チャーガ自体について、そしてチャーガがこれほどの人気がある理由について興味があるのではないでしょうか。チャーガキノコは、免疫系の健康増進や老化防止など、多くの効果があることから、世界の北国で何世代にもわたって民間療法として使用されてきました。しかし、チャーガの効果を最大限に引き出すためには、最良のチャーガを手に入れる必要があり、そのためにはチャーガの菌糸を理解する必要があります。

菌糸は菌類の構造の一つであり、チャーガの菌糸はキノコの中で最も純度が高く、栄養価の高い部分です。チャーガの菌糸体とその重要性について見ていきましょう。

チャーガの菌糸体とは?

菌糸は、菌類の重要な構成要素であり、その栄養組織です。菌糸は、一般的には白髪のような細い糸のような焼き印の形をしていますが、一部のキノコ(チャーガを含む)には独特な見た目をした菌糸があります。菌糸体とは、菌の宿主から栄養を摂取するための菌の部分であり、チャーガの場合は、菌糸体がチャーガの生えている木から栄養を吸収しています。

菌糸体は、菌類のもう一つの重要な部分である子実体とは、機能や見た目で区別されます。菌体は、真菌の増殖の主体となる胞子を作る役割を担っています。子実体の代表的な例としては、キノコが挙げられますが、環境に適した場所に植えると、キノコの張り出した主な部分が胞子を発生させます。菌糸体は菌類の「体」と考えることができ、これがなければ菌類は死滅してしまいます。

コンパクトで硬くなった菌糸体を菌核といいます。菌核は、環境の過酷さに耐え、菌類が生きられるように丈夫で、強化された菌類の構造です。若い菌類には、環境の脅威に対して硬くなるのに必要な時間と資源がないため、菌核は古い菌類の中で成長します。菌類が硬くなると、ライフサイクルで成熟のピークに達したことを意味します。

これがチャーガとどのような関係があるのでしょうか。菌糸体が、宿主から栄養素を吸収するキノコの部分であることから、チャーガの栄養成分の大部分は菌糸体にあります。チャーガキノコの他の部分には菌糸体ほどの栄養が含まれていないため、チャーガを使用する際には、チャーガの菌糸体が望ましいです。

チャーガが収穫されるアラスカやその他の北国は気候が極端なため、チャーガの菌糸体は一般的に菌核を形成します。この硬い部分は、樺の木の側面に見られる黒くて節のような形をしていることから、簡単に見分けられます。チャーガが生息する環境とライフサイクルの特徴から、他の菌類のように子実体を作ることはほとんどなく、菌糸体が最も目に見える部分となっています。

チャーガの菌糸は、硬くて、厚みがあるため、一般的にはハンマーや斧を使って木から取り除きます。チャーガの菌糸体の内部は黄色でコルクのような見た目をしており、スポンジ状で触ると柔らかいです。チャーガの内部の肉質と栄養価の高さから、「ブラックゴールド」と呼ばれることもあります。

近年、チャーガを扱う企業や研究者の中には、研究室でチャーガの栽培を試みているところもあります。しかし、チャーガは自然環境以外での栽培は可能ですが、人工的に育てられたチャーガには消費する価値のある栄養成分が含まれていません。その理由は、チャーガの栄養成分のほとんどが樺の木から吸収しているからです。

さらに、チャーガの能力を最大限に引き出すためには、極寒の環境が必要です。チャーガは北半球の広い範囲で生息できますが、菌糸が菌核となって栄養素を保つには、極寒の環境が必要になります。つまり、消費価値のあるチャーガは、アラスカやシベリアの原野でしか収穫できないのです。

まとめ

チャーガを楽しむうえで、菌類を学術的に理解する必要が絶対にあるという訳ではありませんが、理解しておくと役立ちます。特に、チャーガの菌糸体とは何か、なぜそこまで価値があるのかを知ることは大切です。抗酸化物質やビタミン、ミネラルなど、チャーガの豊富な栄養素は、チャーガとその木の共生関係から生まれます。菌糸体は、この共生関係の分岐点であり、木からキノコへと要素を吸収する役割を果たしています。

チャーガを探す際には、商品の品質を保証してくれる評判の良い販売者からのみ購入するようにしましょう。あまりにも多くのチャーガ販売者が、手抜きとコストカットによる粗悪品を販売していることで知られています。チャーガ体験を最大限に楽しむためにも、品質と透明性を重視した販売者が扱うチャーガのみを使用しましょう。


Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese