10月 01, 2018

チャーガは最近、その強力な薬効成分のために人気が高まりました。 世界の最北端で何世代も民間療法として使用されたチャーガは、最近、製品として収穫するオンライン販売業者により一般の人々が利用できるようになりました。 多くのチャーガユーザーは専門家から購入することを好みますが、居住地と場所によっては自分で収穫することも可能です。

適切な場所に住み、森の中へ冒険に行くことを厭わないなら、自分でチャーガを探しに行けます。 以下はその方法です。

チャーガを発見できる場所

チャーガの存在は世界の最北端の地域に関係するものの、実際の生息地はより広範です。 チャーガは一般的に北半球の周北地域に生息します。 周北地域は気候や地理により定義される地域ではなく、植物生態の均一性により定義される地域です。

チャーガの生息範囲はヨーロッパやロシアの大部分、南はトルコとコーカサス、中央アジア、モンゴル、中国、朝鮮半島の一部など北半球の広範な部分を含みます。 またアラスカ、カナダの大部分、ニューイングランド、ミシガン、ミネソタ北部などアメリカ大陸の北部でも見つかります。

チャーガは主に樺の木に生えるため、大規模な樺の森が存在する地域で見つかります。 このため、樹木のない米国中部の大草原地帯や太平洋岸北西地区の常緑樹林には見つかりません。 チャーガは通常、未開発の原生林で発見されるため、樺の森を探すことが重要です。

チャーガはアメリカシラカバ、チェリーバーチ、キハダカンバなどあらゆる種類の樺の木上に生息します。 樺の木は紙の切れ端に似たカールした樹皮が特徴的なので、簡単に識別できます。 チャーガは時折、ニレ、ブナ、シデの木に見つかりますが、これは稀なため、これらの木を含む森を探すことはお勧めできません。

また健康で収穫可能なチャーガは通常、都市や人間の居住地から遠く離れた場所に見つかります。 車、住宅、工場、その他の人工物は空気中に公害物質を放ち、木、植物、その他の生物に吸収されます。 人間が作った公害物質は、動物や他の生物に悪影響を与えることが知られています。

チャーガと樺の木の共生関係と栄養素を吸収する自然の関係のため、都市近郊で見つかるチャーガは大量の公害物質を含み、栄養素が影響されるだけではなく、有害である可能性もあります。 これを防ぐには、なるべく人里離れた森で公害物質がほとんど、または全くないチャーガを採取することが大切です。

最後にチャーガの栄養価は、極端な寒冷気候で生育したものだけに現れます。 チャーガはヨーロッパ、アジア、北アメリカの広範な地域で見つかりますが、温暖な気候で育ったチャーガは必要な栄養素を含みません。 このため、アラスカ、シベリア、同様の気候の地域に存在するチャーガしか収穫の価値がありません。 温暖な気候で育ったチャーガの収穫と摂取はお勧めできません。

上記に示される通り、チャーガが最大限の栄養価に達する時期は真冬です。 このため、チャーガは氷点下が続く冬の季節に収穫する必要があります。 チャーガの収穫場所の極端な気候のため、採取者は悪天候や寒冷気候に対処しなければなりません。

結論

チャーガは昔から寒冷地域でその効果を利用されてきましたが、採集者や販売業者のおかげでこれ以外の地域に住む人々にも利用されるようになり、世界中でセンセーションを巻き起こしました。 老化防止から免疫システムの改善までチャーガの多様な効果を楽しむために、アラスカやシベリアに住み、自分でチャーガを探す必要はもうありません。

野生のチャーガを探したければ、どこで発見できるかを知っておくと便利でしょう。 収穫計画を立てる、個人の使用のために採取する、ハイキングの途中でチャーガを探すなど目的が何であれ、チャーガを探す場所や方法を知っていればそれだけでも冒険になります。 チャーガはあなたが住んでいる地域に生息するでしょうか? 公園や自然保護区に行って探してみませんか?



Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese