0

Your Cart is Empty

1月 28, 2019

チャーガは、数年前にインターネットで紹介されて以来、一世を風靡しています。アラスカやシベリアの人々が民間療法として使用していたことは有名ですが、インターネットと技術の進歩により、世界中の誰もがオンラインでチャーガを注文して楽しむことができるようになりました。このようにチャーガが話題になる中、多くの使用者が疑問に思っていることがあります。それはチャーガを自分で育てることは可能なのかということです。

残念ながら育てられません。チャーガは性質上、野生のものでなければ意味がありません。チャーガは様々な理由で個人では栽培できず、業者でも野生のチャーガを使用することが制限されています。ここからは、個人でチャーガを栽培することができない理由をご説明します。

チャーガを栽培できない理由

チャーガを育てる上で、最初にして最大のハードルとなるのが、チャーガの生育方法の性質です。チャーガは野生の樺の木に生えていますが、これは世界の様々な生物が自然に共存した結果です。最低限として、樺の木を植え、そこにチャーガの種を蒔いて自然栽培する必要がありますが、これには莫大な費用がかかりますし、両者の成長には時間がかかるため、非常に手間がかかります。

チャーガを栽培する上での第二の問題は気候です。チャーガは北半球の広い範囲に生息していますが、温暖な気候のもとでは栄養分が損なわれてしまい、大部分のチャーガは役に立ちません。人間が食用にできるのは、アラスカやシベリアなどの極寒の気候のもとで収穫されたチャーガだけです。北極圏に住んでいない限り、チャーガを栽培しても使い物にならないので意味がありません。

さらに、チャーガを安全に摂取するには、汚染物質が含まれていてはいけません。他の菌類と同様に、チャーガも大気中の汚染物質を吸収しやすいので、都市部に近い場所で栽培されているチャーガは、汚染物質の含有率が高くなります。そのため、評判の良いチャーガ販売業者のほとんどが、可能な限り純粋なチャーガであることを保証するために、非常に離れた場所で採れたチャーガのみを使用しています。もし、文明化した場所、またはその近くに住んでいるとしたら、そこで育てたチャーガはすべて大気汚染に汚染されてしまうでしょう。

科学者たちが研究室でチャーガ栽培の実験を行ってきましたが、人工的に栽培されたキノコの栄養価は野生のチャーガとは根本的に異なります。チャーガの栄養価は、その物理的な立地条件や気候、樺の木との共生関係から得られるものであり、これらの要素が乱されると、標準以下のチャーガになってしまうのです。そのため、チャーガの栽培は実りのないものとなってしまいます。

チャーガの収穫方法
チャーガを花や野菜のように育てることはできませんが、暮らしている場所で先々で使う目的で栽培することができます。森の中でチャーガを探すときは、樺の木に小さなチャーガの花が咲いているかを確認しましょう。この花をそのままにしておくと、やがて大きなチャーガキノコに成長し、自分で収穫できます。

それに加えて、栽培する場所のチャーガを責任を持って管理しましょう。自分勝手に木からチャーガのキノコを丸ごと取り除いてはいけません。このようなことをすると、チャーガが再生できなくなるだけでなく、樹皮に穴が開いてしまい、木に感染して枯れてしまう危険性があります。代わりに、収穫した木にチャーガの一部を残しておきましょう。そうすることで、チャーガが時間をかけて再生し、必要なときに必要な量のキノコを常に供給できるようになります。

一般的には、チャーガを他の野生の資源と同じように扱うことが大切です。チャーガは時間と整った環境があれば必ず再生しますが、チャーガの森を丸ごと収穫してしまうと、そのプロセスが遅くなってしまいます。また、使用できるチャーガを見つけるために、より遠い海外への移動を余儀なくされることになります。ご自身の地域におけるチャーガの供給をしっかりと管理し、森を大切に扱えば、長年にわたってチャーガの収穫がより簡単になります。

まとめ
チャーガは、環境との関わり方が独特なので、人間が栽培することはできないでしょう。チャーガの栄養価は、気候や人間の活動など様々な要因次第で、簡単に損なわれてしまいます。そのため、チャーガを手に入れるには、自分で収穫するか、チャーガの採取者を雇っている業者から購入するしかありません。

しかし、使用可能なチャーガが生息している地域に住んでいるのであれば、気にする必要はありません。チャーガは何千年もの歴史を持つ伝統的なキノコで、採取して使用すると、世界で最も強力な薬効の一つを体験できます。チャーガは、適切な使い方をすれば、生活に多くのことをもたらしてくれるでしょう。


Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese