Crypto orders receive free expedited shipping!

0

Your Cart is Empty

9月 09, 2020

がん - 何百万という人々が毎年この病気と診断されており、診断を聞いたときはいつもショックを受けます。しかし、がんとは何なのでしょうか?また、どのようにして発症するのでしょうか?がんは細胞の異常な増殖を伴います。私たちの体は常に新しい細胞を生成していますが、そのうちの一つが突然変異すると、その娘の細胞も同様に変化します。このようにして、DNAが変化した細胞が無数に作られ、腫瘍となります。腫瘍が良性であれば問題ありませんが、悪性であれば癌です。がんは転移という形で全身に広がり、臓器を傷つけることもあります。がんを治療しないと死に至ります。そのため、がんと診断されたすべての人とその大切な人が恐れます。

がんの種類は非常に多く、子宮頸がんのような女性特有のものもあれば、前立腺がんのような男性特有のものもあります。しかし、大腸がん、胃がん、乳がんなど、他のがんも多くみられます。しかし、体の特定の場所だけが影響を受けるのではなく、血液のがん、白血病もあります。

一般的に、がんの原因を特定することはできません。多くの場合、遺伝的素因が関係しています。しかし、今日では、がん予防に役立つ様々な危険因子が分かっています。これらには、喫煙だけでなく、紫外線やヒト乳頭腫ウイルスなどの感染症が含まれます。しかし、肥満、不健康な食事、過度の飲酒もその一端を担っています。

すべてのがんが異なるため、予後を予測するのは難しいです。しかし、基本的には、がん闘病は進行してからよりも初期で発見した方が楽です。そのため、症状に注意を払い、体の声に耳を傾けることが大切で、気になる症状があれば医師の診察を受けましょう。もちろんのこと、症状は様々で、はっきりしないことが多いので、言うは易く行うは難しです。倦怠感、顔色の悪さ、疲労感、消化不良なども無害なウイルスの兆候の場合があります。しかし、例えば、乳房に結節を見つかった場合は、早期に治療を始められるように、すぐに受診しましょう。また、定期検診を受けると、がんを早期に発見できます。

がん治療には何が伴うのでしょうか?
がん治療には、手術、的を絞った薬物療法、化学療法や放射線療法があります。すべての症例に推奨される一般的な治療法はもはやありません。前にも述べたように、すべてのがんが異なるため、すべての症例を個別に評価し、治療することになります。まず、治療の目標 ― 治療法と緩和医療のどちらにするかを決めます。つまり、治療に重点を置くか、亡くなるまで症状をできるだけ和らげることに重点を置くかです。がんがすでに進行して全身に転移している場合は、一般的に緩和医療が行われます。しかし、緩和医療を受けている人は、数年は生きることができます。

外科的手段は、がんの発生源がなくなるように腫瘍の切除を目的としています。放射線療法の目的は、イオンビームで腫瘍細胞を破壊することです。化学療法が全身療法であるのに対し、こちらは局所療法です。化学療法は、がん細胞を含み、増殖の速い細胞を標的としますが、全身に影響が出ます。

治療にはひどい副作用や耐え難い苦痛が伴うことが多いので、多くのがん患者が絶望的な気持ちになります。脱毛、吐き気、めまい、倦怠感、食欲不振、消化器系の問題は、あいにく、ごくありふれた症状です。さらに、がんの治療薬が非常に強力であるため、免疫系が著しく弱ります。心理的ストレスも大きく関わってきます。多くの患者が治療の助けになるかもしれない自然療法を求め、チャーガを選ぶことも多々あります。

チャーガは信じられないほどの効果があるキノコで、樺の木、それも特にラップランドやシベリアなどの寒冷地に生息する木に生えています。免疫力アップ、抗炎症作用、新陳代謝を促す作用があります。さらに、強い抗酸化作用があり、特に腹部の臓器に効果をもたらします。このように、がん治療の支えとなる様々な特性があります。ロシアや様々な国では、チャーガはすでに正式な医薬品として認められており、医師ががん治療の補完的な方法として使用しています。

チャーガがその強力な解毒能力で、化学療法の効果を下げるという報告は真実ではありません。いくつかの研究では、チャーガががん細胞に影響を与えて殺すことが分かっています。しかし、なによりも、体が正常に機能して、がんと戦おうと向き合えるように、チャーガが免疫系の強化に役立っているのです。

チャーガだけではがんを治せないかもしれませんが、がん治療のひどい副作用を和らげることができます。粘膜や臓器灌流を促進してくれるので、吐き気や消化不良を和らげ、強い薬で体内に残った毒素を排出してくれます。チャーガに対する腹部の臓器の反応が良いので、大腸がんや胃がんなどの腹部のがんにおいては良好な結果が出ています。

チャーガティーを一日に二杯から三杯飲みましょう。朝起きて、食事の30分前に空腹のまま飲むか、食後2時間後に飲むと良いです。そうすることで、チャーガの豊富な栄養素を最大限に引き出せます。自分のために何かが出来るというだけで、心理的に非常に良い効果があり、治療により耐えられ、非常に楽観的になれます。

しかしながら、がん治療に魔法のような治療法はなく、チャーガにがん治療の効果があることが証明されているとはいえ、奇跡を起こせないことを改めて述べておく必要があります。チャーガには副作用が少ないので、シラカバ花粉症がない限り、安心して摂取できます。いずれにしても、チャーガを使用することで恩恵があり、満たされる気持ちが増すことでしょう。


Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese