2月 04, 2019

チャーガは、スーパーフードの世界に急速に火をつけ、健康を改善する総合的な方法を求める人々の間では上位の選択肢の一つとなっています。アラスカやシベリアで民間療法として使用されてきたチャーガには、免疫系の健康増進、消化の促進、フリーラジカルの除去によるアンチエイジング効果など、多くの利点があります。それだけでなく、チャーガティーを飲む多くの人が、コーヒーの代わりに飲み始めています。

朝の一杯のコーヒーを楽しむ場合は、チャーガに置き換える必要はありません。チャーガとコーヒーを組み合わせることで、二つの効果が得られます。チャーガとコーヒーの相性について見ていきましょう。

チャーガをコーヒーに置き換える
コーヒーとは異なり、チャーガはそれ自体が興奮剤ではなく、カフェインや即効でエネルギーを上げる成分を欠いています。しかし、ゆっくりと、自然な方法で一日の間に徐々にエネルギーレベルを高めることが分かっています。チャーガを摂取すると、エネルギーが上昇した後に脱力感が出るのではなく、一日の全体を通して注意力を維持できるように助けてくれます。このため、チャーガ使用者の多くが、カフェインの摂取を止める方法としてチャーガティーを飲み始めています。

チャーガには、コーヒーの代わりになる利点がたくさんあります。多糖類は、エネルギーを高める本来の特質に加えて、気分を改善することも示されています。また、コーヒーが糖尿病に効くと言われるように、チャーガが血糖値を調整することが分かっています。実際に、糖尿病患者の中には、効率よく血糖値を調整することから、薬の代わりにチャーガを使用している人がいます。

カフェインの悪影響を避けたいと考えていた人にとって、チャーガはカフェインレスの生活を始める手助けとなります。例えば、カフェインの代わりにチャーガを摂取すると、カフェインが概日リズムに影響を与えることで、睡眠の質を向上させることができます。また、チャーガには血圧を下げる作用もあるので、高血圧に悩む人や心臓病のリスクがある人にもお勧めです。

チャーガは、昔から消費されている世界の地域ではコーヒーの代替として使用されています。例えば、冷戦時代には、ソビエト連邦の多くの人がコーヒーを買う余裕がなかったため、代わりにシベリアで安価で手に入りやすいチャーガティーを飲んでいました。この副作用として、チャーガの抗がん性と、ソビエト市民がチャーガティーを飲んでいた頻度の高さから、ソ連におけるがん罹患率が普通よりも低かったことが挙げられます。

チャーガを楽しむためにコーヒーの摂取を終わらせる必要はありませんが、カフェインの依存性を減らしたい場合は、チャーガはコーヒーがもたらす様々な効果を、体を衰弱させる副作用なしで得られます。

チャーガコーヒーを作る
二つの素晴らしい風味を一つに合わせたいカフェイン好きには、チャーガコーヒーが良いでしょう。チャーガキノココーヒーは、コーヒーの向知性薬としての効果とチャーガによる心を落ち着かせる特性や抗酸化性を組み合わせられます。さらに、チャーガは、イライラや脱力感などのカフェインによる負の副作用を和らげる力があります。チャーガはまた、脳内の酸化ストレスを軽減することで、注意力を高める効果があります。

チャーガコーヒーの一番簡単な作り方は、淹れたコーヒーとチャーガの粉末を組み合わせることです。チャーガの塊は、チャーガティーを淹れるのに使えますが、コーヒー用に使う前に粉末にしてください。チャーガコーヒーを淹れるには、カップ1杯のコーヒーにチャーガの粉末小さじ1を混ぜて、飲む前に煮てみましょう。豆の強さによっては、コーヒーに含まれるチャーガの味に気づかないかもしれません。そのことが、チャーガの土を思わせる風味が好きではないものの、楽しみたいという人に良いのです。

また、MCTオイル、ヤマブシタケ、コラーゲンペプチド、霊芝などの他の向知性成分を混ぜて、チャーガコーヒーをより美味しくすることができます。これらの成分で作れるスーパーコーヒーはエネルギーを高め、精神機能を高め、仕事がハードな一日を乗り越えられます。インターネットで調べると、チャーガ、コーヒーと他のスーパーフードを混ぜて使えるレシピがたくさん見つかります。どのようなレシピが思い浮かびますか。

まとめ
チャーガティーとコーヒーには長い歴史があります。コーヒーが何世紀にもわたって多くの国の文化に根付いている一方で、チャーガティーは何世代にもわたってアラスカやシベリアの文化の一部となっています。どちらも毎朝飲むのにピッタリですが、カフェインの摂取を止める必要があると感じる場合は、コーヒーをチャーガに置き換えることができます。

コーヒーをよく飲む人で、カフェインの摂取量を抑えたいのであれば、コーヒーにチャーガを加えると、全体的な健康改善に役立ちます。逆に、何らかの理由でカフェインの摂取をを止める必要がある場合は、チャーガティーは終始一貫して日々の原動力となります。必要性に関係なく、毎日の生活でベストを尽くすのには、チャーガまさに欠かせない存在ということが分かるでしょう。


Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese