3月 04, 2019

チャーガに馴染みのない方は、この小さなキノコがなぜ人気を博しているのか不思議に思われるかもしれません。アラスカやシベリアの人々が何世代にもわたって民間療法として使用してきたチャーガには、病気の撃退、若返り、腸の健康を助けるなどの効果があると言われています。その最も突飛な主張の一つに、がん、特に肺がんとの闘病に活用できるというのがあります。これは本当なのか、それとも迷信なのでしょうか。

チャーガの抗がん性に関してはまだ研究段階ですが、十分な科学的や個々の経験事例では、チャーガが実際にがん治療に効果があることを示唆しています。チャーガを摂取することで、がん細胞を撃退できるだけでなく、がん発症のリスクを下がることが分かっています。チャーガが肺がんの予防にどのように役立つのか見ていきましょう。

チャーガと肺がん

チャーガの抗がん剤としての可能性が世界に知られるようになったのは、ロシアの作家アレクサンダー・ソルジェニーツィンと1966年に出版した彼の半自伝的小説『ガン病棟』がきっかけです。この小説が西側諸国で出版された後、西側の科学者たちの間でチャーガへの関心が高まりました。

チャーガの抗がん作用を研究するためにソビエト連邦を訪れた研究者たちは、ソビエト市民、特にチャーガの栽培・収穫が行われていたシベリアの人のがん罹患率が通常よりも低いことに驚かされました。ソ連の農民たちは、高価なコーヒーの代わりにチャーガを飲んでいて、知らず知らずのうちにがん予防につながっていたのです。

『ガン病棟』が出版されてから数十年の間に、科学者たちはチャーガが人間の健康にもたらす様々な効果に関する研究を発展させてきました。チャーガの抗がん作用の鍵を握るのは、その抗酸化物質です。抗酸化物質は、肺がんやその他のがんの主な要因である酸化ストレスを予防します。酸化ストレスは老化の原因にもなりますが、チャーガはこれも撃退することができます。

酸化ストレスとは、健康な人間の細胞にフリーラジカルが衝突することを指します。フリーラジカルとは、体内に浮遊している荷電粒子のことで、細胞と衝突して傷つけます。フリーラジカルによってダメージを受けた細胞は、腫瘍に進展し、本格的ながんにしんする可能性があります。このように、肺がんのリスクを減らすためには、酸化ストレスをコントロールすることが最も重要です。

さらに、チャーガには抗酸化物質の一種であるトリテルペンが豊富に含まれています。トリテルペンは、接触すると腫瘍細胞を自滅させることができ、腫瘍を小さくし、発がんを防ぐことができます。さらに重要なことに、この過程では健康な細胞に害が及びません。2009年に行われたある研究では、もっと決定的なものが分かるように、更なる研究が必要ですが、がんとの闘病でチャーガに含まれるトリテルペンの有効性が実証されました。

肺がんを患う人にチャーガを使用するもう一つの利点は、化学療法による様々な副作用を改善できることです。化学療法では病気、無気力、その他の副作用が出ることが多々ありますが、チャーガはがん患者の生命力とエネルギーを回復させることができます。このように、チャーガは既存のがん治療と合わせて見事な効果を発揮し、それ自体をがん治療として使用することもできます。

チャーガの研究はまだ比較的新しく、未知の部分が多いというのが事実です。また、体の仕組みは個人差があり、チャーガの効果は患者によって異なります。しかし、既存の研究や個人の経験事例で、チャーガが肺がんだけでなく、他の種類のがんにも効果があるというのが分かっています。治療の補助としても、がんの主要な治療薬としても使用できます。

まとめ

チャーガが何千年にもわたって世界の北国で民間療法として使われてきたのには理由があります。それは効果があるからです。チャーガほど栄養素が凝縮され、豊富なスーパーフードはなく、チャーガティーを飲むと、老化を撃退する免疫力が高まるということが分かっています。チャーガが肺がんの予防や治療にも活用できるという事実は、その優れた特性を証明していると言えるでしょう。

肺がんを患っている、肺がん発症のリスクがあるなら、チャーガの使用を検討する価値があるでしょう。数多くの個人の経験事例と科学的な証拠によって、実際にチャーガには抗がん性があるということが分かっており、そこから健康面で得られる一般的な効果は、使用する人に関わる背景や現在の状況に関係なく、誰にとっても恵みといえます。


Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese