0

Your Cart is Empty

5月 27, 2019

健康と代替医療に馴染みがある方なら、チャーガという、世界を席巻している小さなキノコについて聞いたことがあるかもしれません。世界の最北端の地域で採れ、アラスカやシベリアで何世代にもわたって万能薬として使用されてきたチャーガは、伝統的に免疫系の強化、がんの撃退、若返り、消化器系の健康増進など、様々な目的で使用されてきました。

チャーガの最も注目される効能の一つに、炎症を抑える働きがあります。慢性的な炎症は、痛みを伴うだけでなく、心臓病や他の命に係わる病気にも関係しています。チャーガを使うことで、どのように炎症を抑えることができるのかを見ていきましょう。

炎症にチャーガを使う

炎症とは、病原体や感染症に反応して、体の組織の一部が熱くなったり、赤くなったり、腫れたり、痛くなったりすることです。炎症は、体の免疫系が病原体を隔離し、死んだ組織を一掃することで病気を撃退するための働きです。生活の中で見られるいくつかの炎症、特に病気になったときの炎症は自然なものですが、継続する炎症、まったく止まない炎症は健康に重大な問題がある証拠です。

慢性的な炎症は、花粉症、変形性関節症、動脈硬化など様々な病気の原因となります。このような病気にかかると、体の本来の防御反応は、痛みや不快感によって支配されます。治療せずに放置しておくと、慢性的な炎症は、より深刻な健康問題と最終的には死に至る可能性があります。こうしたことから、できるだけ早く炎症を抑えた方が良いです。

チャーガは免疫系を調節する働きがあるので、炎症を抑えるのには大きな助けとなります。チャーガは全身の白血球に情報を伝える役割を果たすサイトカインの産生を刺激します。サイトカインを適切に産生することで、免疫系が病気に対する反応をより良く調節できるようになり、炎症を和らげることで組織を過剰に刺激するのを防ぎます。また、絶えず続く炎症による痛みを麻痺させる効果もあります。

チャーガの様々な種類の炎症に対する効果はしっかりと研究されています。最近の研究では、死に至る可能性のある重篤な腸の病気である潰瘍性大腸炎による炎症を抑える効果が示唆されています。この研究結果は、チャーガが炎症性腸疾患、慢性胃酸逆流、クローン病も撃退できることを証明しています。潰瘍や腸の病気の発病を予防し、傷ついた消化管粘膜を修復する効果があるので、このような病気から守る力があります。

また、チャーガは、サイトカインの産生を刺激することで、自然に神経の炎症を撃退することが分かっています。実際に、中国や韓国では、昔からチャーガが抗炎症治療に使用されています。炎症を患っている人がチャーガを長期にわたって摂取すると、炎症が驚くほど低下することが分かっています。最後に付け加えると、ヒト組織の過剰な炎症反応に関連する分子であるNF-kBの発現を大幅に減少させることが分かっています。

しかし、チャーガが本当に効果を発揮するためには、抗炎症作用のある食事と組み合わせる必要があることを先に伝えておきましょう。ジャンクフードの多くは、体内の細胞にダメージを与えるため、炎症を引き起こす原因となります。しっかりと炎症を抑えるには、加工食品やジャンクフードを断ち切り、オーガニックで健康的な食べ物を摂取しましょう。加工されていない肉、野菜、果物などです。

これらの加工食品はまた、腸内の炎症を引き起こし、クローン病や潰瘍性大腸炎などの健康問題につながる原因となっています。例えば、カフェイン入り飲料を摂り過ぎると、消化管の粘膜が侵食されるため、潰瘍につながります。このような食べ物や飲み物を減らすことで、炎症が起こる前に予防するのに大いに役立ちます。

まとめ

炎症は、いくつかの感染症には必要な反応として起こるため、ヒトの生活の中では自然なことです。しかし、過剰な炎症は単に痛みを伴うだけでなく、命を脅かすこともあります。消化管、神経、あるいは肺であれ、慢性的な炎症は体の機能を阻害し、健康を直接害します。炎症を抑えるのは難しく、危険を伴いますが、自然な方法で安全に行えます。

その最善策の一つがチャーガの使用です。チャーガには免疫反応を調節することで炎症を抑える働きがあるため、神経の炎症や炎症性腸疾患、その他数え切れないほどの病気に悩む人には欠かせない食材となっています。これに加えて、チャーガの豊富な栄養素は、特に現代の食生活から多くの影響を受けている消化器系の炎症を未然に防ぐのに役立ちます。

チャーガは炎症を治す万能薬ではありませんが、健康的な食生活を送ることで、生じる痛みを大幅に軽減することができます。チャーガに豊富な栄養素が含まれていることが、何年にもわたって民間療法に使用されてきた理由です。人生に保証はないとはいえ、炎症に苦しんでいる方にチャーガが役立つのは明らかです。


Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese