Crypto orders receive free expedited shipping!

0

Your Cart is Empty

8月 10, 2020

肝臓は人間のエネルギー源で、この臓器は、体にとって非常に重要な機能があります。それは、解毒にしても、浄化にしても、凝固因子の形成にしてもいえます。肝臓は、余分なブドウ糖を蓄えてエネルギーに変えます。このような重要な臓器ですが、油断していると、様々な問題にも弱くなってしまいます。不幸にも、脂肪肝はすでに広まっている病気です。研究者は、西洋諸国では、人口のうち約20%~30%の人がこの病気を抱えていると仮定しています。その中でも特に患者が多いのがアメリカで、ドイツでも最も一般的な慢性肝疾患となっています。デンプンと砂糖の大量摂取が原因とされていますが、それだけなのでしょうか?

脂肪肝とは、肝臓に脂肪沈着が増えた状態のことです。重症度に応じて様々な種類があります。良い点は、肝臓には自己再生する機能があるということです。したがって、脂肪肝は、早期に発見された場合は、治療できます。しかし、発見されなかった、あるいは治療しなかった場合は、肝細胞が変化してしまうことがあります。そうなると、肝硬変や炎症、さらには肝臓がんになってしまうこともあります。 これらの病気は簡単には治療できず、命に関わることもあります。脂肪肝というと何気なく随伴症状と思われがちですが、この病気は深刻に考えましょう。

一体、脂肪肝の原因は何?
一般的に、脂肪肝の主な原因は三つ ― 薬の服用、食生活の悪さと病気 ― と言われています。例えばパラセタモールなど、肝臓でしか代謝されない薬は数多くあり、これらの薬を飲みすぎると肝臓を傷めます。現在、食生活の悪さが主な問題となっており、その原因には超過体重や肥満があります。脂肪分が過剰な食事、糖分の多い食事、運動不足などが重なって、私たちの体は病気になってしまいます。また、アルコールの摂取も引き金になり、アルコール依存症の人の大半が脂肪肝を抱えています。高血圧や2型糖尿病を抱えている人も脂肪肝を発症するリスクが高くなります。

脂肪肝の症状は非特異性です。この病気を抱えている人は、普通の疲れからぐったりするほどの疲れを感じることが多く、膨満感、食欲不振や圧迫感といった腹部の症状が見られます。肝臓には神経細胞がないので、痛みを感じません。肝臓が肥大すると圧迫感が生じます。診断は超音波検査で行われます。治療は簡単で、食生活を変えるだけで肝臓を再生させることができます。アルコールと結びついた脂肪肝の場合は、アルコールを完全に断つことが解消法となります。非アルコール性脂肪肝の場合は、食生活の変化と適度な運動で十分です。脂肪肝の人は体重が正常になるように努力しましょう。 特に腹部の脂肪は問題を引き起こすことがあります。

多くの患者が、自分で習慣を変えるのが難しいと感じています。効果があると思われる薬や外科出術がないため、多くの人が生活を変える方法を探すのに苦労しています。しかし、大変な努力をしなくても肝臓を治療する方法があります。それはチャーガで、この病気を抱えている人にとって素晴らしい選択肢の一つです。

チャーガは樺の木に生えるキノコで、木から特別な栄養素を吸収します。チャーガは世界で効果が証明されている民間療法です。また、脂肪肝についても、あらゆる原因に対処できるので、奇跡的な効果があります。

チャーガには抗炎症作用があります。すでに述べたように、炎症は肝臓が弱ったことで起こることが多いです。チャーガはこの炎症反応と直接戦うことができます。臓器や免疫系が弱ると、感染症にかかりやすくなります。チャーガは免疫力を高めて免疫細胞の産生を促すので、侵入してきたウイルスや細菌としっかり戦えるようになります。免疫力を高めるだけでなく、抗ウイルス作用によって、肝炎ウイルスといった様々なウイルスを無効にしたり、排除したりしてくれます。

脂肪肝が主な問題であれば、チャーガの浄化作用で体内の毒素を排出したり、治癒に成功できます。さらに、ストレス、超過体重や貧しい食生活は、細胞を変化させたり傷つけたりするフリーラジカルをますます多く発生させます。チャーガには、フリーラジカルと戦う抗酸化物質が数多く含まれています。

脂肪肝の原因が別の病気である場合は、別の方法をとる必要があります。常に問題の根本と向き合うことが大切です。チャーガは、糖尿病に伴う高血圧や高血糖を下げるのに役立ちます。また、心臓や血管にダメージを与えるLDLコレステロール値を下げるのにも役立ちます。超過体重の人は、チャーガの代謝促進効果で体重を減らすことができます。

チャーガによる治療はとても簡単です。患者は一日にチャーガティーを二杯飲む必要があり、一杯あたりの量は約400mlです。野生のチャーガを塊のまま買うのが一番良いです。一杯目は、朝起きて、最初の食事の30分前に空腹のまま、そして二杯目は午後に飲みましょう。食前と食後に時間を空けて飲むことで、お茶の栄養素が最も効果的に引き出せます。夕方にチャーガを摂取するのは、睡眠の質に悪影響を及ぼす可能性があるのでお勧めできません。

治療は数週間あるいは数か月間かかるかもしれませんが、チャーガで肝臓を完治でき、臓器の自己再生を促進することができます。それでも、不健康な習慣を改めることは大切です。チャーガの効果は科学的に証明されていますが、体と臓器を守ることは大切です。チャーガには副作用がないので、安心して摂取できます。体の奥深くまで作用し、体のエネルギーの源である肝臓を癒やせます。


Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese