Crypto orders receive free expedited shipping!

0

Your Cart is Empty

1月 06, 2020

チャーガは、強力な代替健康療法として世界中で急速に人気が高まっています。アラスカやシベリアの僻地で採れるチャーガは、何世代にもわたって民間療法として使用されてきましたが、免疫系の強化、癌との戦い、消化器系の健康改善などの効果で知られています。チャーガが樹木から採れることはご存知の方も多いと思いますが、樹木とチャーガの関係や、チャーガを取り除いた後の樹木はどうなるのだろうかと気になる方もいるかもしれません。

樹木とチャーガは、ほぼ共生関係にあり、不適切な方法でチャーガを取り除くと、樹木が早く枯れることがあります。責任感のあるチャーガの収穫者は、樹木を傷つけずに取る方法を知っており、環境を悪化や乱獲から守ります。チャーガと樹木について詳しく見ていきましょう。

チャーガ生えている木への影響
チャーガは樹木に生えるキノコで、一般的に樺の木の側面に生えますが、他の種類の木にも生えることがあります。幹の側面から突き出た大きな岩のような塊の見た目で、その塊が菌核として知られています。チャーガは、その見た目から、木の節と間違えられることが多々ありますが、チャーガはそれとは別の生物であり、木の節は幹の一部であり、大抵の場合が、樹木の成長過程での感染症または奇形によるものです。

チャーガは樺の木と寄生関係にあり、木から栄養分と水分を吸収して生き延びています。この関係からチャーガが知られる栄養価がもたらされます。樺の木は生えているチャーガから何も得ることはないですが、チャーガを取り除くと、幹に大きな穴があいて、様々な病気にかかりやすくなるため、枯れてしまう危険性があります。木が枯れると、吸収する栄養分がなくなるため、チャーガもゆっくりと死んでいきます。

チャーガは、丈夫で暗い色をした外皮で見分けがつき、多くの場合、宿主の木の樹皮と異なる色で対照をなしています。小さなチャーガは気付きにくいことが多いですが、大きなチャーガは簡単に見分けることができます。チャーガも樺の木も寿命が長いことから、昔から原生林から採られています。研究室で栽培されたチャーガや、新しく植えられた木で栽培されたチャーガは栄養価が不足しており、チャーガが成長するまでには何年もかかります。

倫理に沿って収穫する人は、宿主の木が死なないように、収穫する際には注意します。前述したように、チャーガを丸ごと取り除いてしまうと、残った穴から感染して木が死んでしまう危険性があります。これを防ぐために、収穫する人はチャーガの一部だけを切り取り、樹幹の穴が露出しないように注意します。これで木が感染しないようにするだけでなく、チャーガが再生でき、何年先もより遠くの手つかずの場所まで足を運ぶことなく、同じ場所で収穫できます。

また、倫理に沿って収穫する人は、若すぎるチャーガには手をつけないと決めています。チャーガは成長するのに長い時間がかかり、小さなチャーガはやがて大きくなり、持続的かつ安全に収穫できるようになります。一般的に、チャーガが広げた手の幅よりも小さい場合は、安全に収穫するには小さすぎ、塊を取ると、キノコ全体が木から取れてしまう危険性があります。

最後になりますが、チャーガの収穫は、冬の極寒の地でのみ行いましょう。温暖な気候ではチャーガを傷め、栄養分を蓄えることができなくなるため、食用には不向きです。アラスカやシベリアなどの寒冷地でも、暖かい時期には栄養分が樹液と流れ出てしまうので、寒さで樹液が出なくなる冬の時期にしか収穫できません。

まとめ
チャーガと環境との関係は魅力的であり複雑です。何年にもわたって木で成長し、宿主の木が影響を受けなければ、そこから栄養分を蓄えながら共存します。この独特な関係こそが、チャーガが宿主の木から得た栄養分を人間が摂れる源であり、チャーガが健康補助食品として摂取する価値のあるものとなります。

持続可能なチャーガの収穫は、原生林の保全を大切にしており、若いチャーガを成長させて、古いチャーガの一部分を取り除くことで、その地域に生息しているチャーガを維持でき、樹木へのダメージを防ぐことができます。世界的にチャーガの需要が高まっていますが、倫理に沿って収穫することで、世界中の人々が何年先もチャーガを楽しめ続けられるのは明らかです。


Leave a comment

Comments will be approved before showing up.

Japanese
Japanese